« さくら | トップページ | 河 »

新憲法発布60周年

吉田茂内閣の時戦後の新憲法が発効して今年で60年。

アメリカの発案に基づいて作成された憲法が半世紀以上経過した。その間日本国憲法は世界情勢に影響されることなく幸か不幸か生き延びている。

この俗称「平和憲法」にはわが国は永久に戦争を放棄することを宣言する所謂第9条がある。

しかし非合法に外国により武力により侵略されそうになった場合の自衛手段についてなんらの条文を設けていない。

虎が肉食であり続ける間、人間社会においても自国が食べられないように防備することは「正義」である。

卑近な例は北朝鮮工作員による不法侵入と善良な日本国民の拉致行為である。このようなたこくの不法行為を見逃したことは防衛手段の欠如であったといわざるを得ない。自己防衛が他国の援助なしに達成できてこそ独立国家ではないだろうか?Photo_5 

|

« さくら | トップページ | 河 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/6247902

この記事へのトラックバック一覧です: 新憲法発布60周年:

« さくら | トップページ | 河 »