« 開国2 | トップページ | ポツダム宣言と遅すぎた返事 »

つつじ

今、”つつじ”が美しく咲いてますよ、といえば、”まさか”とおっしゃるかもしれません。しかし咲いているところには咲いているのです。今日は赤いつつじをお目にかけましょう。小山のように何百とも見える見事な植物の塊です。その姿は平和そのものです。それぞれがおとなしく喧嘩もせずにスッキリと立っています。ここでは憲法「9条」は無用です。みな中立を守っているからです。アメリカは世界に先駆けて中立を宣言しました。所謂「モンロー主義」(19世紀)がその骨格をなすものです。しかし長くは続きませんでした。20世紀以後中立は空念仏でしかありません。「非武装中立」なんてことをおっしゃった政党もいましたが、いつの間にかおっしゃらなくなりました。草食性の「トラ」が存在したとしても人間の社会には「中立国」を保つことは理想でしかありません。自衛の目的で"Invinsible"クラスの空母を日本海に10隻程浮かべておけば「拉致」なんて問題はおこらなかったと思います。これはただのつぶやき!美しい花をみていると心の平和がたもてます。国会議事堂にも是非何時も使用しない所謂「玉座」に花壇をしつらえては如何?

|

« 開国2 | トップページ | ポツダム宣言と遅すぎた返事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/6218667

この記事へのトラックバック一覧です: つつじ:

« 開国2 | トップページ | ポツダム宣言と遅すぎた返事 »