« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

新発見中国山東省の仏像群

日本では明日香村遺跡の修復に飛んだ騒ぎとなっているが、彼地中国の山東省で最近発掘された仏教関係の遺跡の大きさには驚きのほかない。

信楽のMIHO MUSEUMを訪れた5月22日、そこで中国仏教芸術の真髄を見たと思った。

1894年山東省にある明道寺の仏塔の地下宮殿から約1200点の遺物が出土したとのこと。

1983年博興県崇徳村で仏像94点が見出され、そのうちの33点に明確に年代を記した碑文があった。

最古のものが北魏の大和2年(478)、最も後期のものが隋の仁寿(603)のものである。

1996年青洲市で発見された隆興寺跡の遺跡は恐らく20世紀最大の仏教関係遺物発見であるといわれている

MIHOには約90点の金銅佛、石造物の秀作が見られたが、どれ一つをとっても見事なものばかりで、このような展観が東京でなされたら「大事件」だろうに、Photo_8 館内は雨天のせいか入館者もまばらで淋しい思いがしたが、わたくしにとってはゆっくりと展示品の見学が出来喜ばしい一日でした。その中に1点、京都興隆寺の弥勒菩薩の先祖があった。帰りに美しい庭の一隅で見た「アセビ」の優雅な姿を発見早速シャッターを切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

trellis(トレリス)

trellis(トレリス)庭園んお花のゲートにジャスミンが一杯さきました。

これは5年ほど以前に日曜大工で私が製作したもので、私の「傑作」の一つです。普通バラを植えるひとが多いのですが私はジャスミンを選びました。

ジャスミンのかなり強い香りが周辺に漂い、近所の方々からも好評を得ております。ただ、花の寿命が桜のように短いのが残念です。

Trellis

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民投票法?

戦後60年、国家の中核を決めるべき憲法が未だに定かでない国はどこにもない。憲法を改正するかしないかを国民の投票で決める法律をこれから審議することが決まったという滑稽な話し合いが国会でなされただけのことである。国防は自国でするのか、それとも他国に任せて、自衛手段はとるが隣の火事は無視する。それでは世界中の国から援助されることは永遠にない。「世界の孤児日本」なんとも情けなくて言葉もない!自覚すべきことは沖縄はおろか日本全体が未だにアメリカの占領下にある事実である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pine(italy)

これも温室内。パームtree、イタリア原産。スクットまっすぐに直立している。しかしその姿に威厳があり。傘状に開いた葉もシャレタ、エキゾティズムを秘めた植物だと思った。021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pine apple

パフィオが一輪咲き残っていました。こちらを向かせようとしましたが無理でした。来年までお別れを言い写真に収めました。017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャスミンの茂る入口

この写真は5年ほど前に植えたジャスミンがこんなに大きくたってつぼみが垂れ下がるようにできているイメージです。白い花が少し見られますが大半はこれから開花する蕾です。美しくて強烈なスバラシイ(わたくしには)芳香を放ちます。全開した場面を次回ご紹介したいと思っています。乞うご期待!

Jasmine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の誕生日

私の誕生日は5月27日である。その日は1805年の当日のこと、ロシア艦隊が対馬海峡を通過ウラジオストックに向かっているとき東郷平八郎指揮下の日本艦隊がそれに遭遇してロシア艦隊を殲滅した。それ以前に日本は旅順港の入口に自国艦を沈め港を閉鎖してロ軍艦船の出入りを不可能にし、陸軍は苦戦に苦戦をして「203高地」(乃木希典大将指揮)を何万の兵を失って奪取、結局ロシアに勝利した記念日である。世界中どの国にも記念日はある。20世紀初頭に小国日本が陸海において大国ロシアを降伏させたニュースは世界を驚愕させた。これは世界近代史中の重大事であった。今の中学校の教科書でこのことをどのように扱っているか私は知らない。しかし、もし日本が日本海海戦に破れ、陸軍が「満州」中国北東部、朝鮮半島から駆逐されていたならば、当時のロシアは賠償を求め、少なくとも北海道を失っていたことだろう。結局、日本人嫌いのテディー・ルーズベルトが仲介して日本は樺太南部を領有できた。1830~40年、英国は中国にアヘン戦争を仕掛け、国内戦乱の沈静化援助の名目でヨーロッパ諸国も加わって中国は文字通り国家壊滅の憂き目にあった。私は軍国主義者でも所謂「右翼」でもない。しかしこの世界に中立で国を存続させることはできないと思う。ニューヨーク・タイムスは社説で(Oct.18,1960)曰く、"positive neutrality" is a contradiction in terms. There can be no more positive neutrality than there can be a vegetalian tiger.(V.K.Krishna Menon). 日本共産党、社民党、左派のロマンティストの代議士サンに申しあげたい。日本は島国である。海岸線が則ち「国境」である。国境が他国に侵されることに最大の注意を払わなければならないことは言うまでもない。この国境線が守られていなかったから「北鮮」の工作員による拉致が起こった。中国もロシアと何千キロの国境線を軍隊で警備している。世界中の国々もそれぞれの軍隊が同じ義務を果たして平和を維持しているではないか。日本だけが軍隊も持たず、若者の軍隊への徴用もせず、平和でいられるわけがない。”非武装中立”は全く年寄りロマンティスト達の寝言である。戦後60有余年日本の代議士たちは何をしていたのか?一日開催すれば約一億円もかかる国費をくだらない「小田原評定」で国民を愚弄してきた罪を与野党の大臣は国民に謝罪すべきである。私は考える、例えばアメリカ海軍の”invinsible"クラスの航空母艦10隻程を日本海自衛のために、にとりあえず浮かべておけば日本海の安全は維持されるだろう。憲法第9条は改正して標準的自衛軍を維持しわが国を正当に外敵から不当に侵略されないようにしてほしい。次回は戦争責任者について論じたい。 S.Y.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集団的自衛権論議

集団的自衛権の論議がエンドレスに続いていますが、これは全く「仮説的」な想定ばかりでもう聞き明けました。友軍、友人、無過失のグループが自分の目前で被害にあうか、合う可能性があるのに、これをどうして「みそがせ」るでしょうか?現在の日本の立場を考えた場合例えばアメリカ人あるいは集団が第三者に攻撃されて困っている状態をわが国はそれに関与しないことを決めたら相手の思いは如何なものでしょう?こんなことを国会で論議すること事態誠に子供っぽい!もう少し大人らしい討議をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門と塀

国語辞典で『門構え」を引いてみると"門を構えること”とあった、

そこで「構える」をひくと、作る、身構える、ごまかす。と出た。

日本の居住面積は国土面積からみて大変に狭い。しかし、どこの高級住宅地でも家自体の可能居住面積に比べて門構えと塀周りに気をとられ過ぎ無駄遣いをしているように感じる。これらの費用を節約して貴重な退職金をもっと有効に使えば居住面積が広くなり良質なホームが増えること請け合いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日

つぶやき!敗戦から60年もたってしまった。1945年占領国より新憲法なるものを授かった。日本を二度と世界の舞台に出さないという趣旨で日本の将来にわたる戦備を禁じた。半世紀のうちに世界の流れは変遷し続けている。変わらないのは日本国家の他国への隷属、披保護島日本。自分を他国のエゴから自力で守る決意が必要ではないだろうか?中立は自分では決められない。自力がなければ中立国家とはなりえない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いドレスi

町の花屋さんのケースに並んでいる白い胡蝶蘭、冠婚葬祭どちらでも贈り物として愛用されているがどれもかなりのお値段!19世紀の原種のものよりより白さが目立つように改良された種類、エレガントな姿が純粋な趣が強い美しい。Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を偲んで

行く春を偲んで思い出に残るショットを掲載します。Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘭これに勝る景色も少ない。新緑の季節を迎えた今、来年まで再現が難しいと思い転写しました。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タスマニアのロッジ

オーストラリア政府が”外国人移住を奨励するため投資家で土地を購入して一年以内に土地価格の50%以上消費して企画が承認されればA$5000奨励金を出す”と言う誘惑に引かれて挿絵の「家」を建てました。

Photo_3

家が完成した1ヶ月後、ロンドンで同時多発テロが勃発しました。その直後オーストラリア政府は突然移民法を変更し私についてA$5000はおろか離婚証明書を添付して申請した場合のみ私一人にの居住許可を出すという過酷な決定を言い渡しました。私はこれに異議を唱え家財を即売できる決定をとりつけました。日本は平和でいられますでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タスマニアの山河

わずか15分前は10メートル先が見えない程の濃霧だったのですが、一陣の風が谷を吹き上げると目の前に景色、惑わずカメラを手に日が山から顔を出す寸前の瞬間を撮ることができました。

Photo_1

タスマニアの大きさはほぼスリランカくらいで人口48万。以外に温暖なところで冬(6~9月)でも雪は稀にしか降らず、夏(12~5月)はめったに30度以上にはなりません。全島が緑一色なのは落葉樹がないため。落葉樹は19世紀の植民地以後外国から持ち込まれた種類だけだそうです。ユーカリはときに100メートル以上のもみられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補足、お断り

去る4月29日の私の「憲法」に関する投稿文にて参考原典紹介を忘れていましたことをお断り申しあげ、同時に原文著者、出所を記載いたします。

V.K.Krishna Menon,The New York Times,Oct.18,1960

that expression " positive neutrality" is a contradiction in terms,there can be no more positive neutrality than can be a vegetarian tiger.-quotations from Roget's International Thesaurus. Thomas Y. Crowell,Publishers P.496 #7

以上、改めて訂正してお詫び申しあげます。 ショウチャン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »