« 門と塀 | トップページ | 私の誕生日 »

集団的自衛権論議

集団的自衛権の論議がエンドレスに続いていますが、これは全く「仮説的」な想定ばかりでもう聞き明けました。友軍、友人、無過失のグループが自分の目前で被害にあうか、合う可能性があるのに、これをどうして「みそがせ」るでしょうか?現在の日本の立場を考えた場合例えばアメリカ人あるいは集団が第三者に攻撃されて困っている状態をわが国はそれに関与しないことを決めたら相手の思いは如何なものでしょう?こんなことを国会で論議すること事態誠に子供っぽい!もう少し大人らしい討議をしてください。

|

« 門と塀 | トップページ | 私の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/6308321

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権論議:

« 門と塀 | トップページ | 私の誕生日 »