« アメリカが始めて負けた! | トップページ | キューピーの誕生とアメリカンドリーム »

日はまた昇る

やがてヘミングウエイの命日、7/2がめぐってくる。Ernest Miller Hemingway,(1899-1961),はアメリカ、イリノイ州、オークパーク(Oak Park)で生まれた。

高校卒業後、17歳でカンサッシティーの新聞社の記者として人生のスタートを切った。

第一次大戦中、イタリア軍のアンビュランス・ユニットの要員に応募、最前線にで負傷する。しばらく病院生活を送り、アメリカに帰国、今度はアメリカ、カナダの新聞記者としてギリシャ革命中の記事を故国に書き送ることなる。

1920年代は最も忙しい時代で、彼は海外リポーターとしてパリに赴く。その間に彼は矢継ぎばやに処女作「日はまた昇る」、と「武器よさらば」(1926-1929)を世に出し、作家としての足場を築いた。

Photo_26

「武器よさらば」では、彼は負傷者の救助を心に決めた人間が戦線離脱をしてしまう時の人間の内心の葛藤をうまく表現している。

スペイン内乱においてゲリラ部隊に参加した経験をつづった「誰が爲に鐘は鳴る」-For Whom The Bell Tolls-(1940) は彼の代表作となったことは周知のとおりである。

「老人と海」(1952)は一人の老漁夫がカジキマグロと死闘を演じ、勝利(吊り上げた事)を果たしながら負けた(途中サメに食いちぎられて骨だけが残った)始終をあたかも人間の一生を暗示するかのようなシニカルな筋書きでつずった哲学的小説であったように思う。

これは極端にシンプルな表現の作品で、小生も大学1年のときに興味津々で呼んだ記憶があるほど外国人にもわかる容易な文章で貫かれた傑作である。

かれは本来スポーツマンであり戦士であり、誠実さと勇気を兼ね備えた偉人であった。ピューリツア賞、とノベル文学賞(1954)を受けている。

しかし、1961年7月2日彼はアイダホ州ケッチャムの自宅にて猟銃自殺を遂げる。未だに謎に包まれた最期である。

フロリダ、それは、彼が釣りに余生を送ったところで、ヘミングウエイは,神話的存在として人々の心に深く刻まれている。正に歴史上の人物のように!

|

« アメリカが始めて負けた! | トップページ | キューピーの誕生とアメリカンドリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/6971555

この記事へのトラックバック一覧です: 日はまた昇る:

« アメリカが始めて負けた! | トップページ | キューピーの誕生とアメリカンドリーム »