« 墓参り | トップページ | 雲は何故落ちてこない? »

日本の世界一産業

既に20年以上になるが、日本の主な自動車工場でロボットを導入する事を考え出した頃、それを聞いた英国の労組が大反対をしたことを記憶している。

英国はその国柄から、全て伝統に基づいて、良いものは全て「手造り」を堅持することに誇りを感じていたと同時に、労働組合が今後、ロボットに職を奪われることを極度に警戒して反対していたことを記憶している。

Farm_yard_at_dawn

わが国のロボット産業は世界で群を抜いてその産業の先端を走っていることは周知の事実である。

現在のところ、今後は組み立て工程でもその活用が広がると予想している。

ハイテク産業用以外でも食品の箱詰め、花束造りにまでロボットが活躍しているとのこと。

ロボットには勿論国境はなく、新興産業国、中国、インドは言うに及ばず、欧米の国々の将来の需要予想を上回る増産を目指して世界により多くの拠点を増築する勢いである。

|

« 墓参り | トップページ | 雲は何故落ちてこない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7304461

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の世界一産業:

« 墓参り | トップページ | 雲は何故落ちてこない? »