« 日はまた昇る | トップページ | 百円シップの海外進出 »

キューピーの誕生とアメリカンドリーム

戦前に、キューピー人形を抱いて遊んだ経験のない女の子は恐らくいないのではなかろうか?それほどセルロイド製で、いたずらっぽい眼をしたキューピー人形は世界中を席巻した。

誰が何時ごろキューピーを作り売り出したのか?

これを創造したのはRose Cecil O'Neill,(1874-1944)(ローズ C・オニール)アメリカ、ペンシルヴァニアに生まれた。

このキューピー人形に彼女は一生の勢力をつぎ込んだといっても言い過ぎではない。

生まれながら彼女は画を描くことに優れ、13歳のとき、既にネブラスカ州、オマハ市でのコンテストで優勝、17歳の頃には彼女の作品は中西部、西部の雑誌に掲載されるまでになっていた。

しかし悲しいかな19世紀の頃では、女性に対する偏見が強く、作品を発表しても彼女は性別がわからないようにイニシャルでサインしていたほどである。

丁度世紀末の頃には、彼女のイラストはライフ社、ハーパース・ウイークリー誌やケロッグ社のコーフレークの外箱のデザインにも使われる程有名になっていた。

Kewpie

本当に彼女の運命を変える出来事が起こったのは、1909年にスケッチして発表したキューピー人形であった。エドワード・ボックはLadies Home Journalにそのイラストを拡大して発表することを推奨、"Kewpies"の名称をつけた。これは、Cupidsに関連付けた意味の名前であることがわかる可愛い名前であった。

イラストに見られるような姿をした人形は売れに売れ、アメリカは勿論、事実上、世界の市場を席巻した感がある。ウオールド・ディズニーの先駆者的存在であったオニールこそ所謂「アメリカン・ドリームをもたらした最初の女性ビジネスウーマンだったといっても過言ではないと信じる。

|

« 日はまた昇る | トップページ | 百円シップの海外進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/6993641

この記事へのトラックバック一覧です: キューピーの誕生とアメリカンドリーム:

« 日はまた昇る | トップページ | 百円シップの海外進出 »