« 中華思想 | トップページ | 日本の世界一産業 »

墓参り

盆や彼岸には先祖のお墓参りが日本の習慣(義務)となっているが最近では墓地や墓石の掃除代行サービスを利用する人が増えていると新聞は報じている。

先祖代々の墓をお守りする」ことは家系を継いだ家族の義務とされていたが、この習慣が最近では疎かにされがちになっている。「墓掃除サービス業」、「墓参り代行業」がお陰で大繁盛とのこと。高齢化の影響からか、「永代経」サービスはすでに昔から存在するが、これは形式を重んじる日本人の風習で、今に始まったことではない。

かなり昔、増野綾子著の「戒老録」と言う本を読んだが、氏は”墓はせいぜい三代で無縁墓地になる、自分の墓が未来永劫存続すると考えることは間違いであると述べているが正に正論である。

Lower_liffey_falls_1

その反面、最近では墓を建てない人が増え、葬儀も本人の遺言(生前取り決め)で近親や家族のみで行い、後日、新聞で公表する形式が多くなっている。万事はそれぞれの心の問題でしかない。

|

« 中華思想 | トップページ | 日本の世界一産業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7304178

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り:

« 中華思想 | トップページ | 日本の世界一産業 »