« 敵国語? | トップページ | 国の信用度 »

親の年収と東大生の授業料の関係

親の年収が400万円未満なら東大生の授業料免除!(日経新聞8/30’07)

私は日本が未だに社会主義国家であることを再確認した。

東大は今や国立大でなく、文部省に関係なく単独で経営方針を決めることが出来る。自発的に勉学に努力する学生には家族の貧富にかかわり無く、必要な学生には奨学金で補助するべきである。

新聞記事では学生の生家が貧乏ならば東大は無条件で授業料を無料にするとの事。これは全く平等性に欠ける錯誤判断ではないかと思う。

東大の授業料は年間、53万5800円。これ自体、他の私立名門校に比較して安す過ぎるのではないだろうか?

果たして東大は年間どのくらいの奨学金を計上しているのだろうか?

Heavenly_reflection

学生の家族構成は東大には全く関係の無い事である。学校は一人でも多くの優秀な若者を育成するところであり、機会均等に配慮すべきであると思う。

授業料を少なくとも今の4倍以上に設定して、同時に勉学を希望する学生に大幅に奨学金を増額すると同時に、入学した学生の専門学部決定に際して(入学後2年)学生の能力が東大の平均レヴェルに適当でないと思われる学生には自己の能力にふさわしい学校を推薦し転校させるか、退学を勧告すべきと考える。

本日の日経記事では学校に入学した学生の家庭が貧困ならば成績に関係なく授業料を免除すると言う話なら学校経営にとって有益でないと思えるのだが。

これは若者自身の問題であって、家族を巻き込む事柄ではない。

|

« 敵国語? | トップページ | 国の信用度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7737295

この記事へのトラックバック一覧です: 親の年収と東大生の授業料の関係:

« 敵国語? | トップページ | 国の信用度 »