« ホワイトハウス占領、火災発生す! | トップページ | 敵国語? »

地球陸地の三次元画像

日経新聞、8/19'07紙面の”NASA”と”経産省”が共同で、今秋から高精細画像で陸地の全域を表現する事業を開始するとあった。日本が始めて開発した光学センサーにより地表が反射する太陽光の波長を調べて埋蔵されている地下資源を特定することが可能になるらしく、この方法により現地調査を行わなくても石油等の地下資源の埋蔵地帯を特定することが可能になるらしい。

画像を撮るのはNASAが8年前に打ち上げた人口衛星”terra”(テラ)を使って行う。

この事業を2008年中に終了させ、三次元画像のデーターベースは日米の共同管理とするとの事。

これを如何に使うかは、両国の安全保障に支障がなければデーターを資源探査業者に無償で提供する方針だが、その資料提供の条件等は両国政府で審議決定するらしい。

「テラ」には日本が民間委託して開発した光学センサー「ASTER」を搭載してあり、これで画像データーの質は大幅に向上すると確信している。Rainbow

例えばアメリカのグーグル社開発の衛星画像の地図サイト「グーグルアース」はスペースシャトルの撮影画像を使用しているといわれているが、今回の報道を信じれば、ASTERの利用で、画像の精度は一気に、三倍に改良されると思われる。

そのほか、地球の凹凸など細部の分析が出来るようになり、気象データーと組み合わせれば洪水などの被害規模の把握も可能となり、住民の避難経路の指示や、その他諸々のメリットが期待でき、これは最近珍しい朗報と思ったので、改めて寄稿することとした。

|

« ホワイトハウス占領、火災発生す! | トップページ | 敵国語? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7697416

この記事へのトラックバック一覧です: 地球陸地の三次元画像:

« ホワイトハウス占領、火災発生す! | トップページ | 敵国語? »