« 20seiki | トップページ | アメリカのシンボル"Uncle Sam" »

20世紀最初の革命のヒーロー

Pancho Villaは1000人に忌み嫌われながら100万人に愛された無法者であった。

彼の本名はドロタオ・アランゴ(Doroteo rango,1878-1923)。性格は残虐で、冷酷無比ながら何処となく憎めないところがあり、貧民層や百姓からはメキシコのロビンフッドといわれ慕われた。

16歳のとき、大農場で小作人として働いていたが、ある日、帰宅して妹が農場主に乱暴さtれているのを発見し、彼を射殺して山に逃げ込んだ。

その後、馬泥棒の仲間に加わり多くの悪事を働いた。

Francisco Pancho Villanoの率いるギャング団に加わったが、ある日、そのグループが警察に急襲されボスのFrancisco Pancho Villaが殺された。

そこで彼は自分の前歴を隠すためPancho Villaを襲名して、ギャングのボスに納まった。

彼は見かけより聡明で、盗賊のリーダーであったと同時に、政府からもクーパー・キャニオン鉄道の請負人にも指名され、ビジネスマンとして真面目な仕事もしている。

1910年、マデロ大統領の選挙違反を引き金にメキシコ革命が勃発(11/20)したと同時に彼は革命のリーダー:エブラハム・ゴンザレス(Abraham Gonzalez)の要請を受け北部メキシコの指揮官となり数々の戦功をたてる。

Villao

1916年には支払い済み注文の武器が届かないのに腹を立て、国境を越えで、ニューメキシコ州のコロンバスに行き注文の品をとって引き返す途中、アメリカ軍の追い討ちを受けたがどうにか逃げ失せたという武勇談もある。

1920年に革命は終わるが、ヴィラに殺害された被害者の追跡を受け逃げ回っていたが、1023年7月20日彼は車を運転中射殺され死亡。犯人は未だ不明。

|

« 20seiki | トップページ | アメリカのシンボル"Uncle Sam" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7595154

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀最初の革命のヒーロー:

« 20seiki | トップページ | アメリカのシンボル"Uncle Sam" »