« 大阪市3セク「海遊館」売却話し | トップページ | ファスナーでカルテル制裁金課される »

プーチンはKGB大統領

プーチンを批判した著名な女性ジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤさん殺害を批判して、身の危険を察知、ロンドンに亡命した、ロシアの元情報将校リトビネンコ氏が結局「ポロニューム210」と言う放射性物質で毒殺された。

それを重要視したイギリスの警察が、去る8月にその犯人がロシアの連邦保安局ルゴボイ元幹部であることを突き止めた。

英政府はロシアにルゴボイの身柄の引渡しを要求したがロシアが応じなかった爲、それ以来両国の関係が緊迫した状態になっていた。

ロシアはさる9/17、極右翼、自由民主党の党大会でルボコイ氏を12月の下院選挙において同党比例代表名簿の第二位の候補者に擁立することを決めた。(ロイター=共同)

Early_morning

つまり英国のルボコイ引渡し要求を「内政干渉」と決め付け、主要な敵は英国と決め付けた。ルボコイ氏が下院議員になれば「不逮捕特権」が生じ、彼の身柄引き渡しを拒否できる環境が生じる。

一連の事件はチェチェン戦争とプーチン大統領に可成の関係がありそうである。ロンドンで死亡した元ロシア情報将校リトビネンコの死因が一般人には入手不可能な致死量の放射性物質「ポロジューム210」であること。それを外交官特権を使って他国に持ち込んだルゴボイ元KGB幹部。口封じに手段を選ばないロシアを世界はどのように見ているだろうか?

|

« 大阪市3セク「海遊館」売却話し | トップページ | ファスナーでカルテル制裁金課される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/8003567

この記事へのトラックバック一覧です: プーチンはKGB大統領:

« 大阪市3セク「海遊館」売却話し | トップページ | ファスナーでカルテル制裁金課される »