« 中国個人証券取引規制? | トップページ | 何処からも手が挙らない「独法」 »

ガトリング・ガン

Gatlinggun The Gutling Gun

(ガトリング・ガン)

発明者:リチャード・ガトリング、これは世界最初の機関砲(銃)。アメリカ南北戦争に初めてお目見えした連発銃。最初のモデルは手で回して6個のカートリッジが回転して弾が発射される速射式機関砲で、南北戦争で最初のデヴューを果たした後、米西戦争、メキシコ革命の頃から多用され始めた。小型の大砲用の二輪車に取り付けられ、軽量で機動性に富み、大いに活躍した。発明者DR..Richard Jordan Gatlingの詳細についてはあまり知るところがないが、最近、講談社「再現日本史」”明治天皇、戊辰戦争のさなか江戸へ”(1868、9/20)の記事中、ガトリング・ガンのイラストを見て驚いた次第。この銃がアメリカでテストされ機能が認められ、最初に出現したのが1865年、1868年に既に日本に3門輸入されていた事実を知り驚いた。欧米の武器商人が当時如何に盛んにアジアへの武器輸出に努力していたかがわかる。一分間に600発発射できる性能があったようである。(歴史上の参考品)

|

« 中国個人証券取引規制? | トップページ | 何処からも手が挙らない「独法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/7826825

この記事へのトラックバック一覧です: ガトリング・ガン:

« 中国個人証券取引規制? | トップページ | 何処からも手が挙らない「独法」 »