« ロシアの台頭 | トップページ | 徴兵制度 »

ミロのヴィーナスの経緯

1964年ミロのヴィーナスが日本にやってきたときのことを今でも記憶している。(私は見学する機会がなかったが)

実に10万人の日本人が列をなして鑑賞に集まった。これはルーブルの数ある作品の中でモナリサに次いで有名な収蔵品であるが、前年に100点近い日本の国宝クラスの至宝の返礼としてフランス政府はこの唯1点の作品を日本に遣わしたことに憤慨したことを記憶している。

フランスが如何にわが国を軽視しているかは、モナリサを送ってきた時も、同じであった。

それ以前にわが国は多くの日本美術の代表的優品をフランスに送った返礼の意味で「小さなイタリア」の絵を唯一点送りつけて責をふさいだのであった。※上記二つともフランスの作品ではない!

そんな事ぐらいで憤慨している私自身も未熟であったに違いないが、世界美術史の中では日本美術の価値は世界の視点から、また平均的価値からみて劣っていると見られている事実は否めないのではないか?

それはともかくとして、このヴィーナスはいろんな意味で興味のある作品である。

これは1820年にエーゲ海のミロ島の海中でユルゴス・ケントロタスと名乗る百姓が発見した。身の丈は2メートルを越す大きな立像で鼻は欠けて、両腕も失っているが、優美な女性の彫刻である。

Venus_de_milo_2

最初はBC、4世紀のプラキシテレスの作品と鑑定されたが、結局は約紀元前1世紀(ヘレニスティック時代)の作品に落ち着いた。

彫刻の発見にまつわる興味深いエピソードは多くあるが紙面の関係で省略するとして、一番の興味は失われた両腕である。

発見当時、左手には林檎を持っていたこと、右手で腰に巻かれた衣服を落ちないように握り締めていたこと等が報告されているが、船に収容されたときの手荒な処置で両腕がこぼれ落ちてしまったが、不幸にも引き上げられずにフランスに持ち帰られてしまった。

Venus_de_milo_3

この彫刻は製作時の慣わしで4~5部分からなっているので手荒に扱われるとこのように破損することはしばしばであった。

右側は左側面の部分より精巧に作られているところから考えて、これがもとはニッシュ(箱型の入れ物)に入っていたからだと思われる。

多くの古いギリシャ彫刻と比較してミロのヴィーナスがこれほど有名なのは、発見されたときからセンセーションを巻き起こしたことに加えて妖艶な姿態とルーブルに鳴り物入りで迎えられたことからだろう。美術史的にはこれに勝る作品は星の数のようにあるにかかわらず。。。。。

翻って考えて、このようなエロティックを強調する風習はローマ時代の特徴で、姿態からも,アレキサンダー大王の時代のスタイルを如実にしめしている。

|

« ロシアの台頭 | トップページ | 徴兵制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/9190165

この記事へのトラックバック一覧です: ミロのヴィーナスの経緯:

« ロシアの台頭 | トップページ | 徴兵制度 »