« 清濁の中を生きた伝説的大富豪 | トップページ | ニュ-ヨーク→パリ単独飛行 »

アメリカの特殊性と不安

アメリカでは民主党大統領の予備選挙でオバマ氏とクリントン前大統領夫人との間で壮絶な指名競争が続いている。

今年の民主党の選挙戦で黒人のオバマ氏がクリントン夫人を凌ぐ勢いで圧倒している事実は他国人から眺めていても異常な現象が起こりかけている事を感じさせる。

アメリカは変わったと言ってしまえばそれまでだが、今から40年前の1968年4月4日に起こったマーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺事件は未だ誰の記憶にも鮮明に残っている筈であろう。

Martin_luther_king キング牧師

来る3月4日にはテキサス州とオハイオ州での選挙が予定にあがっている。

これでもオバマ氏の優勢が噂されている。クリントンは前大統領夫人としての面通にかけても南部テキサスでは負けるわけには行かない。

前々回の私のブリグの原稿にもこれについて”何かふけつな”事が起こらなければいいがと言う予想を述べさせていただいたが、果たして民主党がレーム・ダック状態のブッシュ大統領の共和党を圧して政権を回復して、又、その代表としてオバマ氏が大統領に選出されるような事態となればアメリカ史上初めての黒人の大統領となることが現実となる。

それがほぼ決定的に判るのが今年の11月である。

現在の時点でもクリントンよりもオバマ氏の身辺警護にFBIやCIAにとどまらず全国の警察が全神経を集中させていると聞く。アメリカKkk にはKU-KLUX-KLANという保守的なキリスト教を標榜する特殊な人権差別主義の団体が未だに存在している。KKKの制服

私の想像であるが、たとえばオバマ氏がテキサスの予備選でクリントンを抑えても何事も起こらないと思っている。しかし年末近くになって、もしオバマ氏が民主党の次期大統領候補と決まったとすれば、要注意である。

一番心配するのは前述のKKKの存在を利用してテロ組織が活動を起こし「マサカ」と思われる事件が起こったとすれば、アメリカのデモクラシー精神は見るも無残な印象を世界に知らしめることになりはしないかと恐れる。何も起こらない事を神に祈るしかない。

|

« 清濁の中を生きた伝説的大富豪 | トップページ | ニュ-ヨーク→パリ単独飛行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/10776403

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの特殊性と不安:

« 清濁の中を生きた伝説的大富豪 | トップページ | ニュ-ヨーク→パリ単独飛行 »