« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

禁酒法

Bootlegger_prohibition4stamp 1920年1月16日、悪名高い”禁酒法”(Volstead Act)実施された。

これは1933年に修正法が出るまで継続されたが、実際には有って無きに等しい理想的思想のみに基ずく”馬鹿げた”法律であったのではなかろうか?

今では「禁煙」が声高に叫ばれているが、医学的に裏ずけのある納得でき得る叫びである。

ミネソタ州選出のアンドリュー・ヴォルステッド(Andrew J.Volstead,1860-1947下院議員の提唱で成立したのでVolstead法と呼ばれている。

アメリカでの禁酒論者は正教徒の多い東部に多い関係から、それまででも度々議論には上ったが、実際に実施されたのは1920年であった。

10年ほどで大恐慌に見舞われることになるが、この頃はそんなことは誰も夢にも知らなかった時代であった。

酒類密造者のことを①「Bootlegger]、②「Moonshiners]③「Speak easiers]と呼ばれるが、その意味は想像が少したくましいお方ならば、なるほどと思われるに違いない。

映画で”untouchable"と言うのを覚えていない人は少ないほど人気がでたが。

これは正に、アメリカのIRS(Internal Revenue Service)と連邦警察(F.B.I.)の連合で当時のマフィアのボス、アルカポーンを逮捕する活劇であった。

アメリカでは州によって日曜日には酒類を販売しないところがあるが(Dry-State)、さすがアメリカで抜け道は必ず見つかるのが面白いところである。酒はキリスト時代以前からの人間の飲み物である。そこを「理性」で押さえつけようとしても所詮、むなしい抵抗に終わるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカドル紙幣の発行

Us_bank_note_5 世界的に始まった郵便切手は19世紀の半ばまでにスタンダード化したが紙幣の発行は難航した。

最初アメリカでは6000種類ほどのプライヴェートに発行されたお粗末な紙幣があったが、それらの信用度は極めて低く”偽札”での取引を受けとったものが損をするということは半ば常識であったらしい。

1961年南北戦争を直前にしてコングレスは政府財務局に対し初めて国家によるドル紙幣の発行を決めたが、これは利息と関係のない”Demand Notes と呼ばれるものでおおやけには認められなかったらしい。

翌年の1861年になり新型の機械の充実で紙幣の質が向上して、極めて精巧になったために贋作が少なくなり、従って信用度も増すこととなった。

1863年になると精巧な紙幣の表面に財務省のシールが押され、

イタグリオ(Itaglio)手法とアメリカ紙幣独特の赤、青のリネンの繊維を埋め込んだ特殊紙が生まれた。

それから年を追うごとに紙幣もその精巧さを増し、1910年になるとヂザインの作成から印刷まどをまとめて作成するようになる。

遂に1929年度から紙幣ノサイズを76%に縮小、一定のサイズに統一した。”In God We Trust"のフレーズは1955年の紙幣に、1963年からはすべての紙幣及び貨幣に書き込まれることとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で最初の郵便切手の発行

Penny_blackpbfront_sample_3 世界で最初に発行された切手(Postage Stamp)はイギリスで1840年4月1日に発行された。

それは1週間後の4月6日から使用が始まった。

この切手には既に既に裏面に糊が付いていて湿らせば封筒に付着されるように工夫されていた。"

"Panny Black”

と呼ばれたこの切手、

勿論、現在では大変な高値で売買されている。手違いで最初はロンドンでは購入できたが、暫くの間地方では入手するのに手間がかかったが5月6日には凡そ全国にゆきわたったとされている。これには写真で見られるようにヴィクトリア女王の横顔が描かれている。しかし今の切手のようにフチにギザギザは見られない。

1837年、郵便法の改定に際し、「前払い証書の印」の意味でこの切手がうまれたのである。

これで世界中のどの植民地へも手紙が自由に出せるようになった。現代人ならあまり感激しないだろうが、当時の世界では「発明」に近かったのである。

特にシートで購入して、世界旅行する人たちには嬉しい贈り物であった。

イギリスは当時、世界中にの多くの植民地を所持していたので飛ぶように売れたといわれている。

この切手を印刷した封筒も出されたようである。それからイギリスの切手の特徴は、何時も女王のプロファイルをデザインして、世界で国名を記入しないのはこの国のものだけで、イギリスらしく国が傾いてもこの伝統は今でも生きている。

アメリカはイギリスに遅れること7年、1847年」になって、5セントと10セント切手を発行した。航空郵便用のものは、6セント、16セント、24セント切手が1918年に発行された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ好みの美談:Casey Jones

Casey_jonescasey638 既に10年以上前の出来事だったと記憶しているが、ある真冬の冷たい朝にワシントンD.C.を離陸したジャンボ機の翼に氷が付着していて浮力が付かず、離陸後、間もなくポトマック河に墜落して多くの乗客が冷たい河に投げ出されて浮き袋の取り合いをしていたとき若い女性が沈みそうになって困窮しているのを見た老人の男性が自分の持っていた浮き袋を黙って彼女に渡してやり、自分は水面から消えた。

、そのお陰で若い女性は命拾いをしたと言う美談は今でも記憶している。

 今日のブログの話題もこれに近い話である。

 その男の名前はケーシー・ジョーンズ(Casey Jones,1863-1900)。

 .1900年3月30日、彼は時刻表よりかなり遅れていることを知っていたので、その遅れを取り戻すべくかなりのスピードでイリノイ・セントラル鉄道の花形急行キャノンボール号(Cannonball)をテネシーからミッシッシッピーのキャントン迄を急いで走らせていた。

 真夜中の4時近く、キャノンボール号の前方に他の列車が停車していたのを見つけたケーシーはとっさに、どうしても追突することを避けられないと察知し、先ず、助手のシム・ウエッブ(Simmon Web)にすぐさま列車から飛び降りろと叫んで彼を車外に突き飛ばした。

 その間、彼は必死になって列車のブレーキを力いっぱい引っ張っていたが、力尽きてキャノン・ボールは衝突した。

 ケーシーはブレーキに手を載せたまま息絶えていた。

 この話は「ケーシー・ジョーンズの美談として今でも語り継がれている。

 最後の力を振り絞り列車を事故の目前で速力を落とし、さもなければ大事故になっていたであろう衝突事故を最小限に食い止めたことで助手と、多くの乗客の命を自分の命を投げ出して殉職した彼の努力と勇気を社会は賞賛し心からうやまったのである。

 これをケーシー・ジョーンズの逸話として長く語り継がれている。

 いまではアメリカのフォーク・ロワーとなっている程である。

 如何にもアメリカ人好みの勇者に対する美談であるといいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大のドーム型競技場

Superdome2007900 世界最初でしかも最大の収容能力のドーム型のスポーツ競技場はニューオr-ンズにあり、1971年に工事が開始されて2億2800万ドルをかけて1985年8月1日に完成した。

これの名前は「スーパー・ドーム」。

最高でその収容人数はほぼ97200人、この種のドームでは最大を誇っている。テキサス、ヒューストンのアストロ・ドーム、シアトルのキング・ド-ム、ミネソタ州、ミネアポリスのハンフリー・メトロドーム、ミシガン州、ポンティアック・シルヴァードームがあるが、ご承知の通りこれらはスポーツ・イヴェントの他にも各種の文化事業、国際貿易交流事業やコンヴェンションや諸々の催しがボタン操作次第で使用でき、又オールウエザーで雨天の心配が無用なのが予定を間違えなくこなせることにおいて愛用される。我が国でも阪神のゲームには気を揉むがジャイアントファンはあまり心配しないで済む点開催中止を心配しなくて済むので羨ましい。このニューオリーンズのスーパー・ドームは桁外れに大きく市民の自慢のひとつである。アメリカでもやたらと雨天に気お揉まなければならない南部のこの町、湿度も他地方に比べて高いので未だに名所であることには間違いない。2.3年前にこの地方を襲ったカトリーヌ台風にも耐えて健全にのこっていることも喜ばしい。

前の私のブログいも紹介させていただいたが、1803年ではニュオルリンズのミッシッシッピー河口からロッキー山脈の麓まで自国の領土の三分の一以上の土地をナポレオンから$1500万で購入した彼らの先祖は実に偉大な仕事をしたものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナポレオンとジェファソン

ナポレンがフランス革命後のフランスの領袖になっていなかったなら、又、ナポレオンがワシントン大統領を通じてアメリカに好意を持っていなかったなら、ジェファソン(アメリカ3代目大統領)は自分の設計したヴァージニアの小高い岡の上の屋敷”モンテセロ”で平凡な一生を送っていたことだろう。18世紀の最後の年にワシントンは他界しジョン・アダムスに政治を譲ったが、アメリカは未だ独立はしたもののヨーロッパから見れば世界に影響を及ぼす大国とは見られていなかったが、ナポレオンが忽然と現れヨーロッパを席巻したが為アメリカに大運が転がり込んだ。言い換えればアメリカはナポレオンのお陰でやがて世界に冠たる大国に成れたと言っても過言ではないだろう。反面、一時期世界の注目を一身に集めた皇帝ナポレオンは流れ星の如くこの世から消え去った。それは”ルイジアナ”をナポレオンが手放した為に起こった。

アメリカは”ルイジアナ”地方を手に入れることでやがて領土が2倍となりその結果太平洋と大西洋に影響を及ぼす海軍国家にのし上がった.

もとを遡ればナポレオンがアメリカを大国に造ったといっても過言ではない。225pxt_jefferson_by_charles_willson 、ジェファソンは若い頃からアメリカ大陸の西北を眺めていた。[North-West]こそアメリカの運命を決める方角であった。"

Manifest Destiny"それは神が我々に運命を授けた方角であった。

いまやその神がアメリカを見限ろうとしているかに見える!

21世紀はどのように変わって行くか?

What is Manifest Destiny for America?

Photo::Thomas Jefferson

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計草

ここに掲載しましたのは、私は「時計草」と確信していたのですが、どの植物書を引いても”トケイソウ”では出てこない!これは私の思い違いだったのか?「浅山英一氏の園芸植物」の索引を調べても出てこなかった。

、もし何方かこれの正式の名前をお知らせくだされば幸甚です。Imgp0239

想像するに花の内部に多数の青、白、茶褐色の針のような部分が花弁の中に出ている、おしべ、めしべが突き出して時計の大小の指針が見られるところからいかにも機械的な感じを観るものに与えるのでこれまで私もトケイソウと信じ込んでいたのですが。

この花の「属」「科」もご存知ならお知らせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »