« 米選挙で引導を渡された共和党 | トップページ | 国立公園 »

本当にアメリカは人種問題の壁を乗り越えられたか?

アメリカの大統領選挙日があと10日と迫った。

民主党のオバマか、それとも共和党のマケインか?

アメリカは現在大変な困難な時期にあることを知らないものはいない。

支持票の統計ではオバマ乗員議員がマケインをリードし続けているかのように報道されている。

オバマ氏が当選すれば史上初の黒人大統領となり「ホワイトハウス」の住人となる。

マケインが勝利すれば史上初の女性副大統領が誕生することとなり、どちらをとっても異質な選挙戦であることには変わりがない。

アメリカ人(白人一般とも)表立って人種の違いを問題視していない風を装っているため世論調査でははっきりと表面化しない傾向がある。Obama

20数年前カリフォルニア州知事選で調査の段階まで当選が確実視されていた黒人のブラッドリー候補が落選に終わった(ブラッドリー効果、1982)がこの類の前例である。

”自分は人種差別を軽蔑している”と全国民の平等性を信奉しているかに振舞うことが教養人の常識であることで自分を外見上正当化しているのが平均的アメリカの白人層である。

オバマ氏は実に良く戦ったと言ってもよいが、残念ながら私は最終結果は逆に動くことになるだろうと思っている。

しかも今回は一州知事でなくアメリカ合衆国大統領選挙、ここで人種問題がアメリカ人の間で問題視されない筈がない。

仮にオバマ大統領が誕生すれば、今後少なくとも前期4年間の大統領関係の警護費用はどのくらい高価なものになるか想像も出来ない。

アメリカでの大統領暗殺は4名、、暗殺未遂事件を入れると10名はくだらないのではないか?

しかも現在アメリカは内政、外交、経済問題等々数多の問題を背負い込んでいる最中に、新たな人種問題を生み出す恐れのある大問題に立ち向かう勇気が芽生えているとは到底思えない。

アメリカは世界が理解しているほど”リベラル”でない。むしろ想像以上に”保守”で固まっている古いかたちの200pxlittleblacksambofrontis 国である。

|

« 米選挙で引導を渡された共和党 | トップページ | 国立公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/24757615

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にアメリカは人種問題の壁を乗り越えられたか?:

« 米選挙で引導を渡された共和党 | トップページ | 国立公園 »