« 中国のたくましい野望が世界の勢力地図を塗り替える? | トップページ | 官吏亡国 »

即席麺

Kappu 日清食品ホールディングス(HD)がこのほどロシアの即席麺最大手、マルベン・フード・セントラルの持ち株会社アングルサイドと資本業務提携すろ。(日経11/26/08)

投資資本270億円でアングル社の発行済み株式の33.5%のひりつとなるとか。

同社のロシア向け進出は始めてとのことである。

”チキン・ラーメン”が世に出たのは何時ごろのことか忘れたが、現在では世界的な必需品となっている。

海外、特に地域的に、天候的条件の悪い地方に旅行するには欠かせない簡便食料品で、これは20世紀の一大ヒット商品に数えられるべき発明品に違いないが「パテント」申請がされなかったので日本の独占商品とならなかったことは残念である。

日清食品によると内地での需要が頭打ちとなっているので今後急成長が見込める新興市場での開拓を急ぐ目的らしい。

将来アングル社での第二位の株主を目指し役員の派遣も考慮中と伝えている。今後は現地に即席麺の先進技術・ノウハウを提供現地生産、販売を検討すると報じている。

報道によるとロシアは歴史的に”麺料理”に親しんでいるため潜在需要が見込め、即席麺年間総需要が約20億食で世界9位の消費大国である。

日清は1970年にアメリカに現地法人を設立し、2004年には中国、、現在では東南アジア、欧州に進出、世界中に17の現地法人を抱えている。

最近では明星食品と東郷を果たし、又最近では冷凍食品分野への進出を目論んでいるとのこと。

世界的に世情不安が広がる中、味はともかく、簡便で、輸送がしやすく、衛生的であるため今後の需要はますます増加する可能性大であるに違いない。

|

« 中国のたくましい野望が世界の勢力地図を塗り替える? | トップページ | 官吏亡国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/26513261

この記事へのトラックバック一覧です: 即席麺:

« 中国のたくましい野望が世界の勢力地図を塗り替える? | トップページ | 官吏亡国 »