« 自国の領土の保全は国の初歩的義務 | トップページ | 留まる処を知らない中国の野望 »

集団的防衛義務

日米安保条約を肯定している政党ならば、この条約によってアメリカは我が国を防御する積極的義務を負っていると考えているのではないだろうか?

それならば「集団的自衛権」という言葉は出てこないはずである。

この初歩的疑問を掘り下げて研究しないで、ナガナガと国会で取り交わしている無駄な評定はいい加減に止めにして欲しいと思うのは筆者だけに留まらないと考えるのだが?

Paciofic_ocean つまり、「自衛権」とは日本の立場から考え出した論議だとしか思えない。

相棒に外敵から受ける危険の排除を依頼しておきながら、その反対の場合は保証できかねると言う話を公開の国会でナガナガと時間を無駄にしている日本の政治に失望を覚えるのはアメリカだけではないと思う。

”義を見てせざるは勇なきなり”のたとえの通り、道を歩いていて、そこに困っている他人がいれば、出来るだけ援助の手を差し伸べるのが畜生の上に存在する人間の当たり前の義務と考える。

したがって、これは”集団的自衛権”ではなく、”集団的防衛義務”と言い換えるべきではないだろうか?

これを国会が否決したとすれば、自然に日米安保はアメリカ側から「解消」を申し入れられても文句を言える立場にないのが日本であることを肝に銘じて置くべきだと申し上げたい。

|

« 自国の領土の保全は国の初歩的義務 | トップページ | 留まる処を知らない中国の野望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/29783463

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的防衛義務:

« 自国の領土の保全は国の初歩的義務 | トップページ | 留まる処を知らない中国の野望 »