« 夢を見ているロマンティストの国「日本」 | トップページ | 自国の領土の保全は国の初歩的義務 »

悪の枢軸、北朝鮮と劣悪な中国共産党

アメリカ”スーパー・ノート”が北朝鮮に偽造されて物議を醸したが、今回は北朝鮮との国境付近の中国東北部で日本の一万円札の精巧な偽札が見つかった。

日米外交筋の発表から明らかになったところでは、日本の高額紙幣の偽札が中国国内などで、米ドル、ユーロ紙幣との両替用として大々的に流通していることが、去る5日明らかにされた。

これは、平成16年11月に発行されたスーパ一万円札。

表面に福沢諭吉の肖像、裏面に平等院、鳳凰堂の鳳凰像が描かれた、最新の”E号券”。

日米外交筋によると、これらは、北鮮との国境に近い、中国側の「丹東」や「延吉」周辺の偽造団組織の手になる代物とかなりの自信で断定している。即ち、中国も北朝鮮と同じように偽造紙幣に手を染めていることが判明した。

これは世界第三番の経済大国を標榜する大国、中国が犯罪に手を染めていることが明らかになったと思われる、誠に看過できない大事件と見る。

外交筋によると、製造工場は複数に及び、技術的に見て背後には大組織の存在が予想される。

これまでに偽米ドルが何度も摘発された為、偽造の対象を日本円に絞り、それをドルやユーロに交換(マニーロンドリー)する材料として使っているらしいとの事。

「透かし」技術の超細密画線を採用、特殊インクで角度を変えると画像の色、模様が変わるテクニックの導入しているので玄人でも識別が難しいという「シロモノ」。

この度、偽札と判定されたのは、本物は表面左下銀色ホログラムの微妙な違いと、「桜」、「日」の形状の微妙な違いだったらしい。

中国はこれまで、海賊版CDや世界的ブランド品のニセモノで名を馳せていたが、今回は精巧な外国高額紙幣を国家的レヴェルで製造、世界中を惑わしているとなれば話は別である。

話はこれでは収まらない。

今度は中国がロシアから購入した戦闘機、潜水艦、戦車などの主用兵器20種以上をライセンスなしでコピーして国産化、それらを途上国へ大量に販売している事実をロシアが公にした。(産経、2009年5月22日)。

ロシア筋の発表では、これらの武器には、ロシアの新鋭戦闘機スホイ27型、キロ級潜水艦、99式戦車ほか22種の兵器に及んでいるらしい。

これらの兵器の模造は過去15年間に亘って行われており、誠にゆいしき問題である。

中国は盗用した武器類をアフリカなどの途上国に大量に売却、その見返りに、原油や地下資源の輸入にあてているとのこと。

ロシアはPhoto 詳細については発表を控えている。しかし、「偽造紙幣」、「偽造兵器」、「偽造商品」、何故こんなに不明朗な行為を世界は何時まで見過ごすのか?中国共産党の責任者の猛省を促したいものだ。

ロシア製:スホイ27新鋭戦闘機

|

« 夢を見ているロマンティストの国「日本」 | トップページ | 自国の領土の保全は国の初歩的義務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/29757283

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の枢軸、北朝鮮と劣悪な中国共産党:

« 夢を見ているロマンティストの国「日本」 | トップページ | 自国の領土の保全は国の初歩的義務 »