« 世襲寺院の財産税? | トップページ | 目新しい話題2 »

侵略とは?

一国家の首長(総理)が「過去において我々の関係のものが他国を無謀に侵略してご迷惑をかけました」と発言したら、これは正に決定的な意味を持つこととなる。19世紀~20世紀前半までは”侵略”なる概念は存在しなかった。

残念ながら不本意にもこの考えは以下の理由によるものであった:

①文明の未発達な国が治める地域は「無主地」と見なされ、誠に残念だがこれを「力」で植民地化すること、取り決めによって割譲することは実質自由であると考えられていた。

極端に言えば住民を奴隷化するのも自由なら、虐殺する事もありうるというと言う、欧米白人社会の勝手、気ままな残酷社会が延々と継承されていた。

この考えが見直される事態となったのが、アジアでは、日本が欧米列強に敗北して「東京裁判」で世界の秩序を乱した椚でで裁かれてからのことであった。

日本は西洋の圧力を排除すべく、又、アジア、アフリカ、南米に住む、これまで白人の圧制により虐げられていた貧しい人たちの言わば犠牲となった一小国に過ぎ無かったが、日本の白人社会への敵対行為の結果、多くの小国の独立がなされた風土が醸成された。

戦後、不幸にも、アメリカ占領軍による、日本をモルモットに見立てる「左」よりの軍政によって、一部左翼的な浅薄な思想の集団の間違った教育により、先人たちが培ってきた古き良き時代の純日本的な思想は紙屑のように捨てられ、その後日本は生気を失った主体性の無い国となった。

”自問自答”

A.何故アメリカは日露戦争後日本人の移民排斥を始めたのか?

B.何故アメリカは戦中、日本人を、既にアメリカの市民権を保持している人たちをも含めて、アメリカ僻地の捕虜収容所に閉じ込めたのか?

C.何故アメリカは二度も原子爆弾を日本の国土に投下したのか?

D.何故アメリカは無抵抗状態になっている日本の大都会に無差別爆撃を断行して無実の民間人を多数に殺戮したのか?

E.何故、同じ連合軍の共通の敵国のイタリア、ドイツ、オーストリア等にアメリカ及びイギリス、ロシアは比較的寛大な報復のみおこなったのか?

F.何故ロシアは1945年8月になって突如、日露不可侵条約を破棄して満州を侵略し、無法に日本人捕虜を多数シベリアに連れ去り、その後、永年強制労働に従事させたのか?(国際法違反)

G.何故、上記ロシアの国際法無視の不法行為に対し国際裁判所は異議を唱えなかったのか?その結末?Photo

H.第二次大戦中、日本は台湾、朝鮮半島、支那の一部を国際条約の定める条件下で植民地として支配、その間、日本の国力と国是により最善の教育を施したにもかかわらず、戦後それらの旧保護国から言われ無きそしりを受けなければならなくなったのか?

(英米は言うに及ばず、オランダ、ベルギー、スペイン及びポルトガル等の殖民地政策では現地人には教育を施すことはタブーであった。この最も卑近な例は、インド人を獣のように扱った、イギリスの劣悪なインドに対する圧制である。)注:ガンジーの無抵抗主義の発端となる。

I.19世紀においては清国にアヘンを売りつけ、その見返りとして茶を輸入したのは良いとしても、他国の国民がアヘンにより正に廃人化することにひとかけらの憐憫の情けを示さなかった白人王国イギリスの暴挙を今になって中国人はいかにおもっているのか?

それに比して、日本の中国政策、朝鮮統治のありかたはどうだったか?

何故、彼らは日本がそんなに憎いのか?日本は中国にも、いわんや、朝鮮」には敗北していないことは事実である。(彼らは戦勝国民ではない)

日本の教育者には、これからでも遅くないので立派な世界的日本人をはぐくむことに邁進されますことを切望したい。

|

« 世襲寺院の財産税? | トップページ | 目新しい話題2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/29667364

この記事へのトラックバック一覧です: 侵略とは?:

« 世襲寺院の財産税? | トップページ | 目新しい話題2 »