« 「神は自らを助くる者をたすく」[ | トップページ | 1812年 »

京都府立植物園のバラと睡蓮

Frank_leslie_249 Photo_2去る5月久しぶりに植物園を訪ねた。

快晴の青空の下で美しいバラが満開でデジカメで沢山写した中で2点選んで掲載します。

下段は睡蓮で、温室の中に咲いていた。

西洋種で、紫色が水面に浮き上がったように美しく咲いていた。

睡蓮は国語辞典には、ひつじぐさ科の多年草で7.8月頃のものらしいが温室では少し早く見ることができた。眠るハスと書くので、ハスと同じく早朝に開いて、暫くすれば睡眠にはいるのかも知れないと勝手な想像をしたのだが。

自然を相手にしていると世俗を忘れ充実した一日を楽しむことが出来た。

|

« 「神は自らを助くる者をたすく」[ | トップページ | 1812年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/30323734

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園のバラと睡蓮:

« 「神は自らを助くる者をたすく」[ | トップページ | 1812年 »