« 民主党に告ぐ! | トップページ | 民主党進政権と外交 »

鹿鳴館時代の感覚から抜け出せない日本人

Photo

衆議院選挙で民主党が大勝して久しぶりに政治が変わったと喜んでいたのだが、首相になったばかりの鳩山由紀夫氏が先日国連で演説をした。

しかも彼の母国語でなく“英語らしき言葉”での幼稚なものだったのでガッカリした。

国連では立派な同時通訳の設備があり、これを有効に使って自国にとって大切な主張を間違いなく世界に伝達できる仕組みになっているに関わらず、何故彼は敢えて無駄なことをしたのか、私には解せない。

フランスのサルコジ首相、中国の胡均等主席、ロシアのベノチェーエフ大統領も、このような大切な場所では決して英語の演説なんかはしない。

今回の鳩山氏の英語スピーチは単なる幼稚なスタンドプレー以外の何物でもない。

彼は国を代表して出席しているのであるから、それをしかっり勤めてもらはなければ国民は黙ってはいない。

以前には、細川首相も同じように英語を使って失笑を買っている。こんなことは外務省の先輩たちが前もってたしなめておかなければならないことではないのだろうか?

スピーチは流れる如く、ゆるぎなく流暢に、時々ユーモアーを交えながら聴衆を自分の側に引き込む要領でなされるべきで、これはオレター(orator)術のを学んだことの無い日本人には無理な相談と思って良い。

語学がうまいとか下手とかの問題ではなく、幼少より人前で「話す」訓練をさせない日本の教育のなせる結果だと思えるのだが。

残念ながら鳩山氏は多勢の政治家を前にして、只読むことに没頭した、連続単語のスピーチと思えた。

何故英語を使えば「良い」と思うのか?英語を話せば「上級日本人」になれると思っていたとしたら、彼は正に「鹿鳴館時代」を未だに引きずって、西洋物まね政治を目指しているようにしか見えない。

日露戦争の頃、日本には本当の演説が人前で出来る優れたオレターが数多くいた。

例えば、小村外相を影で助けてポーツマス会談での黒子役を演じた金子堅太郎男爵(1853~1942)、熊本生まれで同志社出身の家永豊吉(1862~1930)、イサム・ノグチの父、野口米次郎(1875~1947)、早稲田出身で、エール大学で歴史を専攻、第二次大戦前から日本に対米戦争の回避を唱えたが、受け入れられなかった、本当の世界人であった淺河貫一(1873~1948)、武士道の作者、新渡戸稲造(1862~1933)、茶の本の作者、岡倉覚三(天心、1863~1913)等々枚挙にいとまなしだが、これらの先覚は少なくとも今のスタンダードから考えてもかなりの英語の達人の部類に入る日本人だったと思う

筆者の望む政治家は、所謂国際人で、自分が日本人であろうと韓国人であろうとそんなことはどちらでも良い、少なくともどんな人達の前でも堂々と自分の思うことが自在に主張でき本当に国のお役になる人物である。

金子堅太郎も、日露戦争当時、アメリカでかなりの人気者になり、kともあろうに何百人の徴収を前に、ニューヨークのカーネギーホールで講演している。

岡倉覚三は彼があるときアメリカで、知らない人に“Are you Chinese or Japanese?”と聞かれた時、彼は“Are you a yankee or donkey or monkey?とやり返したと言う逸話が残っている。

つまり何人(オリジン)なんか問題ではない。問題は中身だという主張が出来る政治家の出現をのぞみたいものである。

|

« 民主党に告ぐ! | トップページ | 民主党進政権と外交 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/31527270

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿鳴館時代の感覚から抜け出せない日本人:

« 民主党に告ぐ! | トップページ | 民主党進政権と外交 »