« 日米離反の危機、沖縄基地問題 | トップページ | 民主党外交の大きな「つまずき」 »

民主党は相手を見間違うな!

Satellite_image

沖縄普天間基地移転について日米間で意見が食い違っているので交渉がこじれていると言うが、これは最初から民主党幹部の思い違いである。

アメリカははっきりとは言明していないが、その辺の「行間を読む」外交が必要で、今更沖縄問題で地位改定を考えているのならば、いすれアメリカ側から引導を渡されるであろう。

先のブログでフィリッピンのクラーク、スービック旧米軍事基地の状態を考えてはどうかとかと書いたが、アメリカは今更、自前で海外に基地を持てる経済状態ではない。

フィリッピンから引き上げた最大の理由は、ポナツボ山の大噴火と、ソ連の崩壊と、フィリッピンの政変であったと考える。

日本(沖縄)ならば、アメリカにとって維持費が安く済むからで、民主党は今更、これについてアメリカと平等の立場で話し合いが出来ると思っていたとすれば思い違いも甚だしい。

極論ととられるかも知れないが、アメリカの本心では、沖縄は戦後以来アメリカ領であり続けている。

これは、左藤首相にお土産として「沖縄日本返還」の名のもとに、ソ連との違いを見せつけたが、その中身は返還した沖縄は「沖縄諸島―米軍基地」と考えた方がわかり易い。

嘉手納移転が無理であることはハッキリしているとなれば、他には手立てがなくなったわけで、岡田克也外相の渡米は、まるで“丁稚の使い”に終わること間違いない。

グアム移転に日本政府が何百億円を支払っても、それきりで維持費の負担を約束しなければアメリカは頭を縦に振らない。

それなら、アメリカに軍事基地のフィリッピン移転を頼み込んで、維持費も一部負担を了承して、沖縄から全面撤退を申し込む案は如何なものか?

最大の問題は沖縄島民の本心であろう。本当にアメリカが出て行っても良いのかどうかである。 日本人よ、本心を語れ!

11月に訪日するオバマ氏に広島、長崎に招待することは賛成できない。日本人は本当のアメリカ人の心の底を読みきっていない。大統領に恥をかかせることはどうだろうか?

現在、世界は「9.11事件」を起こした国籍不明の敵と血みどろの戦いをして、多くの自国民を戦地に送り、犠牲を払っている心情にある。

少なくとも、英米国民は“聖戦遂行”の判断の狭間で苦しんでいる。この際、我が国だけが国内の護憲主義の少数派の意見に左右されていては情けない。

|

« 日米離反の危機、沖縄基地問題 | トップページ | 民主党外交の大きな「つまずき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/32016700

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は相手を見間違うな!:

« 日米離反の危機、沖縄基地問題 | トップページ | 民主党外交の大きな「つまずき」 »