« 18歳にして惑わず | トップページ | 日本の防衛の行方 »

民主党の黒幕、小沢一郎のスタンド・プレー

小沢一郎の600人に及ぶ団体の。本日の訪中が既定の行動であったとしたら、昨日までの沖縄嘉手納米軍基地問題や、鳩山首相の数日前までのアメリカに対する曖昧な態度表明も、日本の政治を手中にした小沢外交が米中の狭間でどちらに向いているのか、アメリカにとっては誠に曖昧模糊の気持ちであろう。

東洋独特のエニグマ(enigma)と解釈しているか、日本の反逆ととっているか、どちらにしてもアメリカにとっては気味の悪い、解釈に苦しむような謎めいた日本の対米姿勢と思っているに違いがない。

1126日の韓国のニュースであるが、小沢一郎の訪中予定は決まっていたらしい。又、先月の末に小沢氏はアメリカに短期間滞在したことも判っている。

従ってこれは、突如として、今朝、前触れもなく600人の従者を引き連れて北京に乗り込んだのではなく、予定されていた「小沢使節団」であった。

アメリカ政府に既に“根回し”があった後の行動であったとしたら、そんなに驚くに当たらないのだが・・・・・、

10日、18時のNHKニュースは、かねてよりオバマ大統領が要求していた総額3億ドルの米軍海兵隊のグアム島移転の費用を議会が承認したことを報じた事と、時を同じくして、今後の日米外交協議を無期限に延期したとのホワイトハウス声明があったと聞いた。

小沢氏は、10日は北京にとどまるが、翌日、11日には単独で韓国を訪問するらしい。

中国は多勢で行くが、韓国へは誰も随行しないで単独行動であるところは何故なのだろうか?

最近の民主党の内部での抗争ぶりを聞かされていた筆者のような庶民には、本日の小沢大訪中団の様子に驚かないものはいないのではないだろうか。

これに対して、アメリカとしては、独立国の日本の大経済使節団が、黒幕、小沢一郎の号令一下、共産国家、中国を訪問しても異論を唱える立場にない。

只、筆者としては、アメリカが日本の最近の姿勢を“何かただならぬ事態”といぶかっていることまでは判断できる。

これからのアメリカの対日姿勢に何らかの変化が起こるのではと「気味悪い」心境を持つ筆者の感想を書き残すところで、今日のところは筆を折ることにしたい。

|

« 18歳にして惑わず | トップページ | 日本の防衛の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/32560157

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の黒幕、小沢一郎のスタンド・プレー:

« 18歳にして惑わず | トップページ | 日本の防衛の行方 »