« 老舗の変遷 | トップページ | 鳩山由紀夫と民主党の今後 »

北朝鮮革命はあるか?

Photo

昨年末のデノミネーションの決行で、富裕層がこれまで汗して貯めこんでいたトラの子預金がなくなってしまった。

デノミの実施で対外貨交換が不利となり、ますます北鮮の外貨準備が底割れ状態となっている。

それ以後、住民らの不満は高まり、偶発的ながら各所で抵抗運動が始まっているとの事。(月刊新聞前編集長趙甲済氏)

この貨幣改革の失敗で関係者の処刑も行われたらしい。

いろんな処で食糧を積んだ貨車が襲撃を受け、これを取り締まる警察と摩擦がおきている。

今や人々は恐れず、金総書記を尊称もつけず、呼び捨てにしているとか。(産経新聞3月23日)

脱北を企てた者を銃殺するなど、弾圧を強化しているが、今回に限れば騒動は収まる気配が見られない。

過去10年続いた韓国の対北「太陽政策」も李明博政権発足で、ほぼ途絶えているので政権維持に必要な外貨流入が今では無に等しい。

この苦境を脱出するには、中国式の改革開放(文化大革命方式)だけが最後の生きる道との考えが政権内に生まれている。ニュース源は不明だが、金総書記は、1989年12月処刑されたルーマニアの独裁者チャウシェスクのビデオを幹部らに見せて、「我々が中国式に向かえば、こうなると脅したと伝えられている。(同上、産経新聞)

この時、チャウシェスク夫妻は飛行機で脱出を図るが、捉えられ、簡単な裁判の後、処刑された。

北朝鮮の場合、締め付けがきついので、金正日が軍を味方につけている限り、ルーマニアの様にはならないにしても、金総書記が頼りにしている軍隊自身が飢餓に苦しんでいるとの情報もあるので予断はゆるされない。

今回の事件の背景には“携帯電話”の存在がある。韓国内に住んでいる脱北者は北からの情報をこの電話で得て、それを他の方向に流して連絡をたもっているとのこと。携帯電話は簡便な無線機で最も手軽な諜報伝達機械である。

東欧の暴動の際も物価の暴騰が共産党衰退の引き金になったのと同じく、デノミによるハイパー・インフレに苦しむ北朝鮮の住民らも生きるためにデモを試みる可能性は高い。

1990年代以降に生まれた“市場”が彼らを目覚めさせたと云われている。

市場での売買手段を身に付けた住民たちは、今や政府の配給なしに生きてゆく方法を学び、金総書記と対決する覚悟の状態にあるのでは?

筆者の感想では、生かすも殺すも、これは中国共産党の考えで決まると考える。

その理由は、ここまで疲弊して、人心も乱れ、無政府状態の一歩手前まで来ている北朝鮮を抹殺するには“刃物もいらない”。

もし、北で暴動が起こり、人々が韓国内になだれ込んだとしたら中国は軍事介入出来なくなるのではないだろうか?

地理的に見て、北朝鮮の価値は、アメリカにもロシアにとっても捨てがたいのではないか?

現在の時点では六カ国協定に連座している各国とも中国の調定に期待している処が多いからである

韓国は北の人民蜂起を望んでいると思える。その理由は“朝鮮半島の統一”と云う長年の朝鮮民族悲願の成就に繋がる大義名分があるからである。

従って筆者は今こそ、中国の動きを監視することが大切と思っている。

|

« 老舗の変遷 | トップページ | 鳩山由紀夫と民主党の今後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/34017835

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮革命はあるか?:

« 老舗の変遷 | トップページ | 鳩山由紀夫と民主党の今後 »