« 仏様の花「ハス」 | トップページ | 「門構え}の思想 »

アメリカ事情

Photo_9

日本がアメリカの不動産を買い漁っていた、1980年11月末、筆者はホノルル空港のロビーで捨てられていた新聞を拾い上げて読んでいた。

その中の不動産欄に“Fantasyland?”の見出しで、当時のハワイでの不動産売買の事情が出ていた。

Pacific Business NewsGeorge Mason記者が言うには”最近外国人(日本人)がホノルルの豪華なマンション(lease hold condominium residential apartment)を買い漁っている、中には$1000  a square foot(30センチ平米、1000ドル)と云う破格なものまであり、価格にして100万ドル~1500万ドルで取引されているらしいが、我々としてはこの馬鹿げたトレンドが何時まで続くか疑問視している、しかし彼らがそれで満足ならそれでいいではないか?“

”恐らく彼らはそこには永久に住むわけではなく、2~3年して、熱が冷めれば売り手を探しに帰ってくるに違いない、

その時には市場価値は恐らく1/5か、それ以下に下落しているだろうから正当な価値で買い戻せば、その間の利息だけでも大儲けになる“と云う主旨の記事であった。

リーマン事件後、アメリカ不動産価値は現在では地を這うような状態が続いている。

「バブル時代」に於いては日本では不動産の専門企業が各所のアメリカ名門の不動産にまでてを染めて大やけどをしている。

その筆頭に挙げられる二つの”事件“が三菱地所のロックフェラーセンタービルと、カリフォルニアの名門ゴルフ場、ペブルビーチ・カンパニーであった。

筆者はここでビジネスのことを取り上げる意図はないが、日本人があまりにもアメリカ人の「心」に対して無心経であることに危うさを感じずにはいられない。

ロックフェラー・センターもペブルビーチゴルフ場も共にアメリカのシンボル的存在の場所である。

そのような場所をカネの威力で取り上げることは両国の友好関係を考える時、あまり奨励すべきことではない。

さらに筆者が注意を喚起したい点は、買収した後のメインテナンスのことである。

金銭は輸出で来るが、労働者は輸出は出来ない。

両者とも莫大な投資額であったに違いなく、それらが無駄な投資に終わったことは今となっては、当然の秘密であろう

ロックフェラー・センターは完成後、既に1世紀近い年月がたった老朽ビル群である。建物は古くなればなるほど経費がかかることは判り切った

しかしアメリカにはどの大企業にも強固なworker’s Union(労働組合)があり労働者の地位は厳しい規約で保護されている。

例えば、高層ビルの窓拭きや、ゴルフ場の草刈り、食堂のコック、ウエーターに至るまで関係の無いものは簡単には入れない。

ロックフェラーセンタービルの無数に近い窓は定期的に清掃されなければならないが、もし窓拭きの組合がストをすればどんなことになるかは三菱地所の重役連中には考えられなかったのだろうか?

ゴルフ場の草刈りや、水撒きも大切でこれらが放置され、止まってしまったらどんなことになるかは子供でも判ることである。

最近、民主党の小沢一郎氏がアメリカ人は単細胞だと発言したことでもアメリカで不評を買っていると聞く。

沖縄の普天間基地の所属問題も掘り下げてみれば日米間に思いもかけなかった見解の相違が浮かび上がって来ないとも限らない。

アメリカ大陸は東を大西洋、西は太平洋に接する大陸である。

この膨大な太地を200年かかって自国の領地に組み入れた努力は我々には想像もつかない。

つまり、アメリカ人は世界一の不動産屋と考えても良い程狡猾なビジネスマン集団であることを日本の政治家は良く肝に銘じて事に当たって欲しい

|

« 仏様の花「ハス」 | トップページ | 「門構え}の思想 »