« 朝青龍 | トップページ | 専守防衛 »

内部崩壊を恐れる中国

Photo

2010年のノーベル平和賞には中国の個人評論家暁波氏(54)が選ばれた。

劉氏は2008年12月、人権の自由や人権の確立、民主的な選挙を通じた三権分立の実現を訴えた文書「0八憲章」をインターネット上に発表した。

この憲章について意見がネット上で次々に転載され、賛同者を集めることとなり、結果的にその総数が1万以上の署名となった。

中国政府はこの現象に少なからぬ脅威を覚え、発表直前に劉氏の身柄を拘束、直ちに起訴して今年二月、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決を確定させた。

昨年からの米社「グーグル」との情報開示についての論争から神経をとがらせていた中国当局として国内情報の漏えいに厳格な態度をとった結果と考えても、何らの実行行為を伴はず、インターネット上の言論のみを理由としてこの様な重刑が課せられたのは中国でも前例がないとのこと。

劉氏はかねてより気鋭の政治評論家として有名な在米中国人であったが、1989年北京の天安門広場を中心におこった民主化運動に参加するため急遽帰国した。

同年6月始めには戒厳令に反対する一方、学生に撤退を呼び掛けてハンストを開始した。

しかし、6月4日の軍隊の騒動鎮圧後、逮捕されて獄中生活を送ったが、それ以後も北京にとどまり執筆をつづけた。“

天安門事件から「08憲章」へ(藤原書店)は日本語に翻訳、出版され、そこで劉氏は中国での民間の権利意識の高揚と真の自由の探求を通じて基本的人権の確立のため長期に亘る非暴力による闘争を行った事をノーベル委員会が認知したと表明している。

人権や自由、民主主義など、人類が長い歴史上で培ってきた普遍的思想を中国はこれからも”西洋の価値観“として無視続けられるのだろうか?

今中国におこっている現象は単なる階級闘争ではない。一握りのギャングによって思惟的に構築された中国共産党組織を如何に堅持させるかが彼らの目的なのである。

中国共産党内の権力闘争は今後も絶えることなく継続すると云われている。

世界第二の経済大国となりつつある中国の内部事情も正確な情報開示なしには計り知れない。

|

« 朝青龍 | トップページ | 専守防衛 »