« マンションの更新料システム | トップページ | 反省を要する中国の世界観 »

中国は正式な国連常任理事国か?

Photo

国連常任理事国に何故「中国人民共和国」(中国)が名を連ねているのか理解に苦しむ。

第二次世界大戦の終わった1945年の国連創立時では中華民国(総統:蒋介石)が常任理事国入りとなったが、中華民国が内戦で毛沢東の中共に敗れて台湾に避難した。

筆者の知る限り、1949年、中国人民解放軍が、現在の中華人民共和国として独立宣言をしますが、国連はその時、中国を独立国と認証していなかったのでは考える。

その理由として、1950年に始まった「朝鮮戦争」では、韓国側を支援したアメリカを中心とした国連軍に対して北朝鮮を支援したのは中国人民解放軍であったと記憶する。

筆者はこの時点で反共産国家のアメリカをはじめとした、所謂“連合国”が蒋介石の中華民国を1971年以後、国連の常任理事国から除名した理由は何であったのか理解に苦しむとこである。

何時から何故、毛沢東の中国が国連の常任理事国の椅子を得たのでしょうか。

中華民国は未だに存在する独立国として存続していることは世界が認めるところ。

筆者はこの辺の事情を説明する国連本部としての正式な声明文の内容を知りたいと思っている。

|

« マンションの更新料システム | トップページ | 反省を要する中国の世界観 »