« American Bison(バイソン) | トップページ | 八百長問題 »

IBMに続いてNECも中国の軍門に下る!

Pasokonn

NECと云えば日本のパソコンの先駆と云われる。

一時は業界一の売り上げを誇っていた会社であったが、このたび中国の聯想(レノポ)グループとの合弁会社を創設、そこにNECのパソコン事業を移管する商談が成立した。

レノポは既にアメリカのコンピューター産業のパイオニアー、IBM社を買収済み、これで日米両国のパソコン事業の大手2社が中国企業の傘下に入れることとなった。

30年ほど以前では、パソコンはどちらかと云えば“趣味のツール”程度にしか思われていなかったが、そのパソコンをビジネスにとって不可欠の機械として普及させたのがほかならぬIBMであった。

インテルの演算用半導体CPUとマイクロソフトの基本ソフト(OS)が加わり現在のパソコンの世界基準が形成された。

我が国では日本語仕様の確立がパソコン普及の最大目標であったが、最初に国産のトップシェアーを獲得したのがNECであったと云われる。

筆者もその頃、(1980年始め),1機50万円程した、MS-DOS仕様のNECのパソコンを子供と電気屋街に出かけて買ったのを覚えている,

聞くところによると、IBM90年代に入って日本語表示をスフトウエアーだけで可能にする製品を開発したことで、NECの存在が薄れてしまったらしい。

日本語ソフトの障壁がクリアーされたことにより安価な外国製パソコンが日本の市場に流入、CPUOSは同じものを使用でき、パソコン業界は熾烈な価格競争時代に突入したと云われている。

現在ではインターネットを使って、独自の仕様を発注することで、中国で組み立てられたパソコンが宅配で受け取れる時代になりつつあり、このビジネス全体が単なる流通業となってしまった。

既にNECは海外のパソコン事業からは撤退済み、従って今後は国内のビジネスもレノポ系統経由に移行され、現実では第一線から退くことになる。

すべてがデジタル化され、パソコン組み立ては現実、殆どすべてが汎用品化されて、どのメーカーの部品を使っても大差が生まれない時代になってしまった。

技術開発段階では専売的ポジションを維持できても、基本技術が解明され、部品が汎用化されだすとビジネスそのものが一気に戦国時代のように混戦状態になる。

今流行りのスマートフォーンやタブレット型端末もやがてはパソコンと同じような運命をたどるのではと云われている。(毎日新聞、2011129日)

中国の強みは、事業のノウハウを考え出す努力をせずとも「既製品」を継ぎ足して、より大きな事業に組み立てることに何の躊躇も表さないことである。

世界の標準的モラルを無視してでも突き進む中国の“特殊性”は果たして何時まで通用するのだろう。

|

« American Bison(バイソン) | トップページ | 八百長問題 »