« | トップページ | アメリカ・インディアンの戦士ジェロニモ »

黒潮とウラン

Photo

「海水から有用希小金属を捕集できる魔法の布」を発明した高崎研究所材料開発部照射利用開発室 室長 須藤 高信氏は最近日本近海を流れる「黒潮」(海水)に含まれているウランの回収に成功し、特許を取得した。

黒潮に含まれるウランの両は現在の推定世界ウラン埋蔵量を上回る520万トンと云われる。

日本の年間のウラン消費量を約6万トンとすれば、もし黒潮が含んでいるウランの0.1%を毎年回収できたとすれば自給自足でき、この技術が採算的に可能ならば日本のエネルギー問題の一挙解決につながる朗報と云える。

現在我が国は原子力発電の燃料となるウランの100%を輸入に頼っている。

世界の陸地での総ウラン埋蔵量は500~600万トンと推定されているが、日本の近海を流れる黒潮(何故、黒潮なのか不明だが)には1年間で520万トンのウランが含まれているらしい。これは陸地の総埋蔵量と略同じ量に相当する。

世界の海全体のウランの量と加算うれば約45億トン、海の底の岩盤には、海水に溶けずに残っているウランが更に45億トンも含有されていると推定sれている。

その他希少金属のパナジュームの年間使用量の300倍、コバルトも年間使用量の400倍が1年間分の日本近海を通過する黒潮暖流に含有されている事実がわかったとの事。

毎年黒潮中に含まれるウラン、パナジューム、コバルトの0.3%のキャッチに成功すれば年間国内使用料エネルギーの全てを賄えると云う夢のようなお話。

これが成功すれば、ウラン他全ての有用希少金属の100%を輸入に依存していた我が国の最大問題解消が目前に近ずいたと云う朗報である。

保獲方法:

高崎研究所(℡:029-346-9233)の発表によると、“ウランなどの重金属だけを選んで吸着する不織府布(フェルト)の開発に成功、それを海に沈めておくだけで捕集が可能”。

その仕組みは:

“ウランは海水に沢山溶けていると云っても、その濃度は希薄。海水を蒸発させると塩が残るが、塩の粒34000個の中に含まれている1個のウランを逃さずにキャッチできる布が同研究所によって開発した不織布”

これには重金属だけに敏感に反応する「アミドキシム基」と云う構造を不織布に付着させ、電子線を照射して分子の動きを活発化させる、次に、アクリル繊維の原料を反応させ、「枝」を作り、それにアミドキシム基を付け、「グラフト重合」を仕上げた“

以上の工程で出来上がった不織布130枚を一組にして、ネズミ捕りのような篭「吸着床」(直径4メートル)を100個並べて海底に沈めておくと1年間に1トンのウランが回収でき、その他、パナジューム、コバルトなどの重金属類もウランより多く捕集できると云う。

この方法で捕集された重金属は濃度の違った塩酸で洗浄すれば簡単に分離が出来、ポンプで海水をくみ上げる様な手間なしに目的の成分のみを海中から回収できて、将来は日本が得意とする海産物養殖の技術の応用で有用希少金属養殖も夢でなくなるとの予想も考慮中らしい。

この開発にいか程の資金が必要なのかは詳細には発表されていないが、「特殊不織布」は我が国の先端技術として将来性が有望と考えられる。

写真:高崎研究所材料開発部照射利用室 室長:須郷 高信氏

|

« | トップページ | アメリカ・インディアンの戦士ジェロニモ »