« 洋ラン”バンダ” | トップページ | 初日の出に輝る雪景色 »

可憐なバラの花

Photo_2 筆者はどちらかと云うと豪華に天に向かって絢爛に咲いている勢いみなぎるバラは好きではない。

このバラは昨年の5月末に京都府立植物園で写したものだが、如何にも盛りを過ぎてしぼんで行く寸前の姿を捉えているものさびしい姿が好きで書斎にかけて楽しんでいる。

バラはその種類が何万もあり調べてもきりがない程多い。

赤、黄のハッキリとした色調より、この種類(?)もように紛らわしいぼやけた系統に何処となく気品を感じる。

バラは日本中部では5月と10月頃に咲く代表的な美しい種属である。

|

« 洋ラン”バンダ” | トップページ | 初日の出に輝る雪景色 »