« 初日の出に輝る雪景色 | トップページ | リビアとアメリカの深い因縁 »

メキシコ産”紅こうがん”

Photo

べにごうかん又はひごうかん(Calliandra eriophylla Benth)

メキシコ原産の2M程のに成長する低木で、よく分枝して茂り、我が国では初夏6月から10月頃まで直射日光の下で育てられる。

ねむの木によく似た緋紅色の花をつける。

一般のまめ科植物と異なり、花弁」は5枚で濾斗状に深裂し、花糸が長く糸状になって突出しているので多数集まって朱房のようになって咲く。葉は羽毛状で再出複葉である。

越冬には摂氏4度を確保。(温室植物:牧野富太郎原色図鑑ライブラリー)

|

« 初日の出に輝る雪景色 | トップページ | リビアとアメリカの深い因縁 »