« 記録上の大地震 | トップページ | 富士山 »

がん探知犬

Photo 毎日新聞「くらしナビ」欄で見た珍しいお話。

”セントシュガーがん探知犬育成センター”所長:佐藤悠二さん(64)は真っ黒なラブラドールレロリヴァーのマリーン(9歳メス)を飼っている。

(写真:類似犬)

「この犬小さい時から臭覚がずば抜けていた」と認める。

マリーンは臭いに非常に敏感で、佐藤さんが食べたものを呼気の臭いだけで当てる特技を小さい時から持っていることに気付き、今ではキューリや大根、ニンジンなど5種類の生野菜を食べて息を吹きかけ、遠くの岩場にダミーを含めて数種の野菜を隠してマリーンに試すと、彼女は一つ一つ見つけて座りこみ、飼い主の食べた野菜をすべて見当てる、驚くべき特技の持ち主。

九州大大学院消化器総合外科も園田英人氏らはマリーンを使って、08ー09年、大腸がん患者の呼気や便の臭いを判別させる実験をした。

驚くなかれ、がん患者のもの1容器と、健康な4人のものを入れた容器を佐藤さんに送りつけマリーンにこれら5個の容器から一つのものを嗅ぎ分けさせたところマリーンはがん患者のものを選別、その前に座り込んで解答を示した。

呼気では36回のうち33回、(約92%)便では38回のうち37回(97%)の正解をしめしたという。

佐藤さんは「がんの臭い物質を突き止められればノーベル賞もの。臭いでさまざまな病気が判る”臭診”と云う分野が確立できれば凄い」と云う。

マリーンは、大腸内視鏡や病理組織的検査でやっと判るごく初期(ステージ0と1段階)のがんでもほぼ100%判別したらしい。

がん探知犬の研究は90年代にアメリカで始まり、すでに3年前、肺がんと乳がん患者の呼気で9割以上の的中率が出たと云う論文も発表されたと云う。

イギリスでもこの方法で膀胱がん患者の尿での判別研究が進んでいるらしい。

フランスやオーストラリアを含め、世界中の研究者が「臭い物質」の発見にしのぎをけっずっている。

犬は人間の数万倍の臭覚の持ち主、原因物質さえ判れば警察犬のように活躍できる。

韓国でマリーンの皮膚細胞からすでに4匹のクローンを誕生させるこtに成功している。

マリーンの様な探知犬を全国の病院に配置できれば今後、自称専門医も今後はノンカンとはしていられない事になりはしないか心配である。

|

« 記録上の大地震 | トップページ | 富士山 »