« 「ロシア」は一つではない | トップページ | 日本政府は速やかに決断を示せ! »

東日本大震災避難民救済に提案

3月11日に東北地方を襲った大津波を伴った大地震は歴史上からも10指内に入るべき一大震災と考えられる規模のものであった。

今や全世界が注目する大ニュースとなり世界中を駆け巡っている。

発生から一週間以上経過しているが政府の救援の体制が未だ整理されずに戸惑っている感がある。

避難民の本格的な救済は東電福島原子力発電所の緊急処理の方に政府の注意がそがれて手遅れになっている様に思えてならない。

原発の処理には国の威信がかかっている。これを的確に処理することに政府が一生懸命になっている理由を理解できないでもないが、国民の心の問題にも同じような配慮がなされなくてはならない。

筆者の提案したいことは陸地に避難所を設けることには時間もかかり、衛生面や医療設備を同時に充実出来ない。

従って、それよりも、我が国には何万トンと云う豪華な大型フェリー船がたくさんある。

国がこれら大型フェリーを借り切って難民のために解放することは出来ないものだろうかと単純に考えるのだが。

アメリカ政府はハイチ地震の際にも空母を始め、病院船や他の船舶を派遣して難民を収容したと聞く。

我が国は海洋国家であり多くの各種の船舶を保有しているはずである。

救済金の募金運動もよいが、緊急を必要とする今回のような災害には「時」こそが大切である。

自衛隊所有の病院船、民間所有の大型フェリーの現地派遣を行って、避難民の健康とメンタルケアーを何事にも優先して欲しい。

|

« 「ロシア」は一つではない | トップページ | 日本政府は速やかに決断を示せ! »