« 木をによじ登るアジサイ | トップページ | ビキニ原爆実験より半世紀 »

琵琶湖の水位調節

Photo_2

滋賀県大津市旧南郷洗堰は琵琶湖の水位調節を計る為に明治35年(1902)に着工、同38年に竣工した明治の大事な治水工事である。

琵琶湖は四方を山に囲まれ、沢山の河川が流れこむ、その由一の出口が瀬田川であった。

瀬田川の川幅が南郷付近で急に狭く、流れにくい上に、大雨が降るたびに土砂が入って水はけが悪くなった。

(瀬田川、旧南郷洗いセキ)

又、渇水期になると琵琶湖の水位が下がり、付近に水不足問題が起こり、瀬田の水かさが増えると下流に洪水が生じると言う悪循環を断ち切るために人為的に水量をコントロールする為出来上がったのが“南郷洗堰”。

明治17年(1884)中井弘知事が提唱、大阪土木監督署の永沢技師が欧米視察の後、オランダの技術を取り入れて完成させた。

堰幅172.7M、幅1.8M、高さ5.9Mの石柱31の上に橋を懸けた。当初は木造であったが、後にコンクリート造に変更された。

琵琶湖疏水工事とほぼ同じ頃に施工された日本の近代的構築物の一つである。

堰は全部で32門、堰の操作は基本として琵琶湖の水面以下3尺までは下げない、しかし、増水時には堰桁を3尺にして琵琶湖の水位を保持、洪水時には下流の状態を調べて堰を閉じる。水位が4~5尺になれば解放することとなっていたらしい。

瀬田川は下流で宇治川となり、さらに淀川に合流、京都の鴨川も宇治周辺で合流して大阪方面の住民の飲み水、灌漑用水となる。

近江(滋賀県)は関西の水がめの役を果たす、大変重要なところである。

|

« 木をによじ登るアジサイ | トップページ | ビキニ原爆実験より半世紀 »