« イスラエル防衛は可能か? | トップページ | アメリカ大統領の報酬 »

2008年度調査のアメリカ不法移民数(国別)

アメリカは移民国家であるが、コンスタントに違法滞在する移民が絶えないことがアメリカの苦悩である。

以下に示す10カ国はアメリカに不法滞在する人種の代表格で、主な原因は婚姻によって生じる問題が多いとされる。

例えば、人種間の混血や、人種識別が時が経過するに従って困難になることも多い。

日本人はこれには入っていない事は日本人に順法精神があるからと思われる。

2008年アメリカに於ける違法移民人口  総人口:11,600,000

国別人口

メキシコ:                     7,030,000

エルサルヴァドール                  570,000

ガテマラ                       430,000

フィリッピン                     300,000

ホンデュラス                     300,000

韓国                         240,000

中国                         220,000

ブラジル                       180,000

エクアドル                      170,000

インド                        160,000

その他                       2,000,000

2000年の調査からの増加率: トータル:+37%

メキシコ:50%、エルサルヴァドル:35%、ガテマラ:48%、

フィリッピン:51%、ホンデュラス:81%、韓国:37%、中国:14%、

ブラジル:72%、エクアドル:50%、インド:29%

その他にある2,000,000人は何を意味するか不明である。2008年の不法移民人口は

1160万人である。

(2010年、New York Times ,The World Almanacより抽出)

|

« イスラエル防衛は可能か? | トップページ | アメリカ大統領の報酬 »