« メーデイの起源と推移に付いて | トップページ | 新島八重 »

コロンボ刑事の死

Peter_falk ”家のかみさん”を連発しながら、愛犬だけで、奥さんは一度もスクリーンに登場させなかったロス市警刑事コロンボ。

オンボロのレイン・コートとポンコツ車を乗り回し、体裁に無頓着だが、何か好感を抱かせる辛辣な刑事役でテレビ画面にファンをつなぎとめたピーター・M フォーク(Peter Micheal Falk,84)が去る6月24日夜、ロス郊外の自宅でアルツハイマー病のため帰らぬ人となった。

ニューヨーク出身、3歳の時、悪性腫瘍のため右目を失明、それ以後義眼で通した。

主な出演:The Princess Bride,The great race and next. 1960年、Murder Inc.(殺人会社)、1961年、Pocketful of miracles(ポケットいっぱいの奇跡)で2回アカデミー主演賞にノミネートされている。

コロンボ・シリーズで4度、エミー賞(Emmy Award)受賞、ゴールデン・アワード賞1度受賞の経験がある。ウイリアm・フレドキン監督(William Friedkin)はピーター・フォークの1978年の主演映画"The brinks Job"でのフォークの演技を評して”ピーターは真剣なドラマからコメディーの演技で観客のを泣かせたり、笑わせたりする特技を持っている”と言っている。

刑事役のシリーズはNBCで、から1971年から78年まで続き、しばらく間をおいて、ABCで1989年から2003年まで茶の間をにぎあわせた。

水戸黄門劇のように、殆どが、筋書きの展開、それに結末が、おおよそ想像がつく展開の殺人事件だが、それでも観客はピーターのひょうきんな仕草、表情、個性的な動作に興味を覚え、つい最後までお付き合いをしてしまう、他に比較できない特徴を醸し出す「刑事コロンボ」のシリーズは世界中で歓迎された数少ない番組であった。

やはりピ-ター・フォークは卓越した技量をもった性格俳優として永くファンの記憶にとどまることであろう。

70本近いコロンボ作品はCS放送や、DVDで何時でも見ることができる。「コロンボ刑事」は国境を越えて世界に多くのファンがいるそうだが、晩年アルツハイマーに罹り、養女との折り合いが悪くなり、財産の継承で訴訟問題になったとも聞いている。

何はともあれ、筆者は刑事・コロンボの冥福を祈りたい。(ニュース・ソース:ask.com,wikipedia article、他)

|

« メーデイの起源と推移に付いて | トップページ | 新島八重 »