« 国立博物館の図書館は誰のもの? | トップページ | 宗教法人の営利行為の是非 »

新しい競売ニュース

Velazquez_portrait_2 17世紀スペインの巨匠:ヴェラスケス(Velasquez,1599-1661)の肖像画がロンドンで競売され、$4700万で落札されたと云うニュース。

この絵は最初の鑑定では、19世紀の画家:マシュー・ステパソンとされていて、落札予想価格は$320~$480(約2万~4万円)と思われていたが、幕を開けると、予想価格の1万倍近くの、36億1900万円を稼いだと云う驚がく的な、出品者にとってうれしい結果を生んだ。

筆者は先日、オーストラリア、クインスランドで発見された非常に珍しいと言われた14世紀の世界で2番目に古い、年号入り(1396年)の航海用」4分儀の落札価格を調べている間に上記、ヴェラスケス画のニュースが注意を引いた。

14世紀も”クアドラント”(quadrant)の落札値は未だ入ってこない。

(挿絵:ヴェラスケスの肖像画)

|

« 国立博物館の図書館は誰のもの? | トップページ | 宗教法人の営利行為の是非 »