« エリザベス2世とイギリス気質 | トップページ | [Indian Giver] »

アウンサンスーチーはミャンマーの金の卵

アウンサンスーチー女史はビルマの首都ラングーンで生まれた。

1960年に母親のキンチーがインド大使に着任、アウンサンスーチーはデリーに移住、ⅰ962-63年、デリー大学で学び、ⅰ964-67年イギリスのオックスフォード大学セントヒューズ・カッレッジで学士号を得る。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で研究助手を務め、その後、1969―71年にはニューヨーク国連事務所で書記官補佐として勤務。

1972年、オックスフォード大チベット研究社のマイケル・アリスと結婚、2子をもうける。ⅰ985-86年、京都大学東南アジア研究センター客員研究員として来日、実父アウンサン将軍について歴史研究を進めた。1991年にノーベル平和賞受賞。

以上は彼女の前歴の略一部だが、ビルマにあって、これほどの学歴を持った女性がはたしてどれだけいるであろうか?

即ち、アウンサンスーチーは彼地における政治的指導者としての資格と教養をもった重要な存在である。

永らくミャンマー軍事政権によって自宅軟禁されていたが、5月29日、およそ24年ぶりに出国が認められ、隣国のタイを訪れることとなった。

その後は目白押しの旅程で、6月14日にジュネーブILO(国際労働機関)での演説、16日はオスロ^でノーベル平和賞受賞の講演を行う。

20日にはイギリスに行き、母校のオックスフォード大から名誉博士号の受賞後、その翌日には議会で演説。それからアイルランドのダブリンでの特別コンサート出席も予定されているとの事。

アウンサンスーチーが正式に国会議員となってから(5/02)未だに1月も経過していない。そのような人物を、世界はまるでミャンマーの大統領のように扱っている様子を「軍事政権」の連中がどのように思って見ているのだろうか?

ミヤンマーの国内経済事情は決して裕福とは考えにくい。そのような時期にミャンマーはアンサンスーチーのような世界的に知名度の高い人材を利用して国家経済の立て直しを考えない手はない。

|

« エリザベス2世とイギリス気質 | トップページ | [Indian Giver] »