« アメリカ青年拉致事件 | トップページ | 「国会」を監視しよう! »

徳川家康愛用の置時計

Photo

毎日新聞5月18日記事によると、久能山東照宮に大英博物館の時計部のキューレーター(責任者)が訪れ、当神社に伝わっていた徳川家康が愛用した箱型時計を鑑定したことが報じられている。

この時計、関ヶ原合戦の数年後の、1609年、千葉沖で遭難したスペインの乗組員に救助の手を差し伸べた家康の厚情に報いるべく、当時のスペイン王、フィリッペ3世(1579-1621年)が、1611年、徳川家康に贈ったと云われる時計で、家康が終生愛用したことで、家康の死後、墓処、久能山東照宮(静岡市駿河区)に残された遺品である。

これは1979年、国の重要文化財に指定されていtる。

この時計は、1581年にスペイン国王のお抱えのベルギー人の時計職人が製作したことが知られていると云われる。

トンプソン氏によると、ベルギーで同じ頃に造られた類似の時計は、約20基残存するが、殆どのものは、内部に改修がなされており、東照宮のものは、オリジナルの革製ケース付きで、2,3か所の部分を除き当時のままの状態で、保存状態も良好、従って、世界的にもきわめて珍しい遺品であり、出来れば大英博物館のコレクションに加えたい作品であると太鼓判を押したと報じられている。

トンプソン氏は、この調査結果をイギリスの学会で発表したいとの希望を表明している。

東照宮の落合宮司は「世界的に珍しい時計と評価され、大変うれしい。今後は国宝に指定されるように運動したい」と述べている。

1611年と言えば、は世界的画家、レンブラントが未だ5歳であった時の作品で、その意味から考えても、この時計の歴史的価値は高い。

(フィリッペ3Felipe III,、1579-1621年)は生まれつき病弱で、王位にあっての治世は僅かに23年、父君フィリッペ2世が残した強国スペイン帝国は衰退の途中にあった。)

|

« アメリカ青年拉致事件 | トップページ | 「国会」を監視しよう! »