« 非現実的「北方領土」問題 | トップページ | シェール・オイルが世界産業を変える? »

或る政治資金集め「パーティー券」代金

Georgeclooney3 (ジョージ・クルーニー)

アメリカ、ハリウッドの映画俳優ジョージ・クルーニー氏(georgeClooney,1961年生まれ)は民主党の支持者の支持者として知られているが、このほど(5月10日夜)オバマ大統領を自宅に招待して、再選に向けての資金集めパーティーを開いた。

本日の毎日新聞(5/12)によると、米CNNテレビ報道として、この選挙応援パーティー一回で、大統領選史上最高の金額1500万ドル(約12億円)が集まった。

オバマ氏が著作権保護問題に消極的なため、映画業界では不人気であったといわれていたが、今回のクルーニー氏の仲介で映画界との関係修復が図れたと云われる。

このイヴェント、夕食会チケット1枚4万ドル(約320万円)と云う豪華なものだが、女優のバーバラ・ストライサンド(Barbara Streisand)さん他、150人が参加、オバマ陣営からも、3ドル以上の寄付者の中から抽選で二人を選び、パーティーに招待した。

それで、クルーニー氏のファンからも総額900万ドル(7億2000万円)の寄付が集まることとなり、大成功となったらしい。

大手の映画製作会社ドリーム・ワオークス・アニメーション等も共同主催者として協力。ウオール・ストリート・ジャーナル紙によると、08年の選挙でオバマ氏支持にまわって、今回は見合わせている複数の業界大物をも説得、同意を取り付けたと云う。

政治資金の操作で、4億円を隠したとか、しなかっかで騒動となっている小国の日本政界にも、こんな桁外れの話は参考にもならないが、何処の国でも“政治は高くつく”と云う話の一例として参考になると考える。

|

« 非現実的「北方領土」問題 | トップページ | シェール・オイルが世界産業を変える? »