« 使い捨て産業の先駆者、ジレット | トップページ | 不況知らずの「院外処方」 »

イエス・キリストに妻がいた?

Photo 新発見資料写真

“キリストが結婚して妻がいた”ことをほのめかす重要な「パピルスに記された4世紀の文献」(写真)が18日のニューヨーク・タイムスのウエブサイトで報道された。

かねてからセオロジアンの間で、キリストに妻がいた可能性を指摘されていたことは確かであり、それが今回発見された資料で証明されるかどうかは不明であるとしても、従来のヴァチカンの主張「イエスは未婚」と云う論拠を揺るがしかねない事件に発展する可能性を秘めている。

ビジネスカード大に8行の黒いインクで古代エジプト語(コプト語)で書かれた、この小さな資料は拡大鏡で読まなければならない程小さい。

しかし、そこには“イエスは彼等に云った、我が妻。。。。。”、“彼女は私の弟子になることが出来る”と書かれていると18日、ローマの国際コプティック学会に於いてハーヴァード大学のカレン・キング教授によって発表された。

この「断片」の所有者には謎が多く、名前を公にしない約束でキング博士によって“コプティック”及び“パピルス”国際学会の少数のグループに限って発表された。

キング博士によるとこの断片についてはこれからさらに研究の余地があるとしても、自分の知識の範囲に於いて「贋作」とは思えないと述べている。

さらにキング博士は、これに就いて未だ多くの疑問があるにしても、かねてより噂されていた問題「イエスは既婚者だった」とか「マリー・マグダレンが妻であった」 とか「イエスには女性の弟子がいた」と云う古代から云われ続けていた疑問に再び火をつける事態に発展する可能性を秘めていると述べている。

何よりも重大なのはヴァティカン王聴の主張である、即ち、「聖職者はイエスのように未婚者で、女性は聖職者にそぐわない」との問題に正面から反論することになる。

キング博士は、この「断片」の発表に際して、これはイエス生存の時代の数百年後のものであるが、今日まで、どのキリスト教資料にも見当たらなかった「事件」に就いての言及を示すもので重要であり、2世紀の頃から伝説的に囁かれていた“イエスは妻帯者”と云う言い伝えに直接にかかわる重大な資料ともなり得ると述べている。

2010年キング博士はイーメールで始まった所有者との接触で、この断片は現在の所有者がドイツ人の収集家から1997年に購入したパピルスの束から発見したものである事を発表した。(以上、New York times,914日記事)

                                                                                                             

|

« 使い捨て産業の先駆者、ジレット | トップページ | 不況知らずの「院外処方」 »

コメント

イエスは結婚していた、妻はマリア、子供も二人いた、と詳しく謎解きした本(「ロストゴスペル」の日本語版)「失われた福音」が出てますよ!

投稿: haru | 2016年11月17日 (木) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/47134931

この記事へのトラックバック一覧です: イエス・キリストに妻がいた?:

« 使い捨て産業の先駆者、ジレット | トップページ | 不況知らずの「院外処方」 »