« 司馬遼太郎の「北方四島」観 | トップページ | 日清戦争当時の男女別人口分布 »

山村でマグロの養殖

Photo 「好適環境水」とは、魚類の代謝に最低限必要な物質を含んだ水のことで、岡山理科大学の准教授、山本俊政氏のグループが僅かな濃度の電解質を真水に加えるだけで、魚にとって最低限必要な物質を含む液体を「好適環境水」と名ずけ、特許出願にまでこぎつけたもの。

岡山理科大学の研究室は海から35キロも離れているが、2005年には「カクレクマノミ」の大量繁殖に成功して一躍世間の脚光を浴びるまでになった。

ある日、一人の学生が”海水のプランクトンを真水で育てたい 。”と提案したことから「好適環境水」の試作実験が始まった。

一回目の実験ではプランクトンは育たなかったが、その原因が、容器の洗浄が不完全だったため、僅かな海水の成分が隅に付着して残っていたためであることが判った。

しかし、その失敗によって、プランクトンが超低濃度の水においても或る一定のミネラルが支配していれば、プランクトンは育ち、随って魚類が育つことが判明した。

人工海水メーカーは、如何に成分を増やし、競争相手との差別化に鎬を削るが、この実験で、そんなことが必要でないことがわかった。

反対に、今後は必要な成分は強化するが、不必要は成分は徹底して減らすこととし、今では、「究極の好適環境水」が完成したと言われる。

山本先生によると、この水で飼育した魚の方が海水養殖より短い期間で大きくなる、又、海での養殖では魚の病気や寄生虫に対応する抗生物質やワクチンが必要、しかし「好適環境水」を使用した養殖では、そのような危惧は一切無く、天然魚で問題となる水銀もホボ皆無、しかも維持費は人工海水に比較して60分の一とのこと。

従来の魚類養殖業には多くの問題があり、食べ残しエサによると環境汚染、プランクトンの異常発生による大量死滅、台風による被害等、自然環境下の養殖業の多くが採算割れで廃業に追い込まれるものが多い中、好適環境水で安全且つ経済的な養殖は近い将来「漁業革命」となる可能性を秘めていると言える。

山本先生;「私達は、場所を選ばない養殖を目指しています。好適環境水を使えば、どこでも魚を育てられるので、山村を漁村に出来、水の供給ができるところであれば、低コストプラント運営も可能「長野マグロ」や「奈良ヒラメ」も夢ではない」と意気軒高である。

今は限られた狭い水槽での実験段階だが、山本先生の究極の夢は、アメリカ西部の砂漠で広大な高級魚飼育場の実現らしい。(92日、NHK深夜便放送を聞いて、筆者)

米穀生産者(農村)に対する「減反」政策で農水省は無駄な奨励金を支払っているが、過疎の山村を高級魚の養殖場に貸し出して、職場を増やして国費の節減を考えて欲しいと考えるのだが。

|

« 司馬遼太郎の「北方四島」観 | トップページ | 日清戦争当時の男女別人口分布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/46921334

この記事へのトラックバック一覧です: 山村でマグロの養殖:

« 司馬遼太郎の「北方四島」観 | トップページ | 日清戦争当時の男女別人口分布 »