« 毛沢東の亡霊に怯える日本 | トップページ | 「モナ・リザ」は永遠の謎 »

年号入りの邸宅

Img_0877

ヒストリック・ハウス(Historic House)と呼ばれる家屋はアメリカには数々あると言えども、壁に年号の印のがある邸宅は世界ひろしと言えどもあまりお目にかかれないのではないだろうか?

ここに紹介するブリック・ハウスはスコットランド風のデザインをあしらって、真ん中に1754年と刻まれている珍しい18世紀の邸宅として保存されている。(写真)これはそのスタイルから見て、典型的なクエーカー教関係の家であることが判る。

これを建てたのは、ジョン・ディッキンソン(John Dickinson,1732-1808)、彼は政治家で、フィラデルフィアーで法律を学び、ロンドンに留学、帰国後、弁護士としてデラウエアー植民地議会議員となり、印紙税に反対を唱えて独立運動を指揮、独立宣言起草者の一員としてアメリカ・フォウンディング、ファーザー(Founding Fathers)の一人に数えられている人物である。

この邸宅は、ジョン&マリー・ヂッキンソン・ハウス(John & Mary Dickinsons House)

と呼ばれているもので、ニュージャーシー州、セーラム・カウンティーに今も残っている。

詳細な説明は省略するが、我が国のように木造でなく、レンガや石造の建物は驚くほど永く実際に使われ、保存できることが羨ましい。

参考;The Founding of American Civilization,(The middle Colonies,) by Wertenbaker,1938,pp.239 研究社発行、「英米史辞典」,p198

|

« 毛沢東の亡霊に怯える日本 | トップページ | 「モナ・リザ」は永遠の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/49572682

この記事へのトラックバック一覧です: 年号入りの邸宅:

« 毛沢東の亡霊に怯える日本 | トップページ | 「モナ・リザ」は永遠の謎 »