« 税制面での「篤志家」優遇を積極的に考えよ! | トップページ | »

パキスタンの核兵器の所在?

Photo_2 ハロルド・アグニュー氏

アメリカ軍がアフガンやパキスタン、イラク等からの撤退は今や時間の問題と噂される中、、今度はイランとイスラエルとで緊張が増している、筆者はパキスタンとインドがかなり昔に同時に核の保有国となったと云うニュースを思い出した。

アメリカが近々、パキスタンやアフガンのようなイスラム原理主義勢力「タリバン」が勢力を増強させている地域から全く手を引くような事態になるまでに、パキスタンの核兵器が将来、どのように保管されるのだろうかと心配している。

冷戦下でアメリカの核兵器開発の中核を担ってきたロスアラモス国立研究所(ニユーメキシコ州)で永く所長を務めた、核物理専門家のハロルド・アグニュー氏(Harold Agnew,b.1921)が平成21年8月27日、日経新聞との対談で「核兵器を廃絶できればいいが、不可能だ。核弾頭は小さいものなら一人で持ち上げられる、他国を欺くことはあまりにも簡単だ」と述べているのを知って恐怖を覚えた。

核拡散防止条約(NPT)の土台は、最近の北朝鮮、イラン対イスラエルの動向を見聞きしていると尚更怪しい条約と考えられてならない。

NPTは米英仏中ロの国連常任理事国を核保有国と定め、それらの国以外への核兵器関連技術の移転を禁止していると云うが、それではインド、イスラエル、パキスタン、北朝鮮、或いはイランでの核保有をどのように説明できるのだろう?

アグニュー氏は「最も心配なのは、タリバンのような集団が勢力を増してきている地方、即ちパキスタンが問題で、ここでは軍人が政府のトップの承認を受けず、核兵器を使用したり、それを第三者に渡るのを防ぐ手立てが確立してるとは考えにくい」と述べている。(前述、日経記事)

その安全対策の仕組みについてアグニュー氏は、アメリカが1960年代に開発したPALと呼ばれる核兵器内部に埋め込む装置。それは政府のトップが極秘のコードを入力しないと爆発が起こらないデヴァイス。

アグニュー氏はさらに、核の拡散防止には、原子力を平和利用したい国に対しては核の保有国が核燃料をリースして、使用済み燃料は転用できないように回収して多国間で供給、回収する確固たる組織を作る以外にないと断言している。

この日経の記事は中前博之記者が当時ニューヨークでアグニューにインタービューしたものだが、それから既に4年が過ぎた現在まで、パキスタンの核兵器についての報道がなされたことを聞かない為、不安は募るばかり。

我が国でも今後は原発の使用済み燃料は増える一方となり、その処置は将来、大問題になること必定!

世界はそれを知りながら何もしないことに義憤を覚えずにはいられない。

|

« 税制面での「篤志家」優遇を積極的に考えよ! | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/51025766

この記事へのトラックバック一覧です: パキスタンの核兵器の所在?:

« 税制面での「篤志家」優遇を積極的に考えよ! | トップページ | »