« 廃寺「内山永久寺」の扁額発見さる! | トップページ | 「竜巻博士」藤田哲也 »

鋼鉄より強い「人工クモ糸」の産品

Photo_2                      人工クモ糸のドレス公開

日本産業新聞、5月25日によると、「スパイバー」(山形県鶴岡市関山和秀社長)は24日、人工合成したクモ糸で作った繊維を量産化すると発表したとある。

大学発ベンチャーのこの会社、自動車部品メーカーの小島プレス工業(愛知県豊田市)と工場をもち、2013年中に月間100キロニューオルリーンズ糸を生産する。

実は蜘蛛の糸は、鋼鉄より4倍程強く、ナイロンよりも柔軟なことは予てより知られていて、「夢の糸」とされていた。

しかし、蜘蛛を使って蚕のように糸をつくることは、蜘蛛が縄張り争いや、共食いの習性を持つことから、今までその工業化は困難とされていた。

これは、単純な微生物にクモ糸のタンパク質が作れるよう合成した遺伝子をバクテリアに組み込んで培養し、タンパク質を生成することに成功と云う夢のような話。

この度、その紡績技術も確立、合成クモ糸の量産が開始される運びとなった。

クモ糸は高強度で、しかも伸縮性に優れているらしく、今後は自動車、医療業界など幅広い採用を見込まれているとのこと。

早くも、量産化にむけて、人工合成したクモ糸を使って青色のドレスを製品化、24日に東京の六本木ヒルスで発表された。(写真)

同社では月間100キロをサンプル出荷できる体制を整え、2015年には年間10トン迄生産規模を引き上げる計画。

関山社長は、「世界で初めての技術を立証でき、その工業化が視野に入った」と説明。

スパイバーは遺伝子や分子の配列を見なおしたクモ糸を独自で開発した製品。

今後は、タンパク質をつくれる微生物の培養効果を高め、人工クモ糸を紡ぎ繊維にするまでの量産技術を確立する計画。

低コスト化が進めば、自動車用部品、人工血管など幅広い利用が見込めるとのこと。

「スパイバー」は慶応義塾大学発のベンチャーで、2007年9月の設立。同大、先端生命科学研究所(鶴岡市)で学生         だった関山社長らがクモ糸に注目、それを新たなバイオ素材と位置付け、それの量産技術を研究、関連技術を含め、既に16件の特許出願済みとのことである。

これの確実な進展を希望してやまない。

|

« 廃寺「内山永久寺」の扁額発見さる! | トップページ | 「竜巻博士」藤田哲也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/51842888

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼鉄より強い「人工クモ糸」の産品:

« 廃寺「内山永久寺」の扁額発見さる! | トップページ | 「竜巻博士」藤田哲也 »