« 「梅雨」は日本人のオブセッション? | トップページ | 小学校での英語教育反対論 »

脅威の「3Dプリンター」と日本の産業の将来

3d


最近アメリカで産声えをあげた「3Dプリンター」、日本でも凸版印刷が食品、生活雑貨あるいは、医薬品などのプラスティック容器の試作品を造ることを始めた。

金型を使った従来の模型制作に比べて、3Dプリンターでは、初期費用が50分の1、又、制作日数が10分の1に出来ると発表した。(6月14日付、日経経済新聞)

 

自社で3Dプリンターを所有できない会社でも、容易に利用できるようにして、最終製品を完成するまでの費用と時間を削ると云う。

 

液状のアクリル状の樹脂を積層個所に噴射して固める「インクジェット方式」で制作できる。

 

顧客企業は3DCADデーターを凸版印刷に提出して、制作を依頼できる。

樹脂を積層する幅は最小15マイクロトルと、高精細な造形が可能。

 

樹脂の色を変えることも可能。半透明に加えて、各種の色も選択できる。

 

同社によると最終製品のイメージに沿った試作品ができると云う。

現在ではプラスティック製の容器や部材を開発する場合には、金型を先ず制作するのが一般的。

 

ところが金型は造り直すのことが困難なため、綿密に設計と修正を繰り返す必要があった。

3Dプリンタープリンターで安価で迅速に試作だでき、開発初期段階で構造の確認が可能となり大幅に完成度を高め、開発コスト削減できることを証明した。

 

同社は今後、3DCAD技樹者の育成に努め、2015年度までに容器、部材事業の30%アップの目標達成に努力を払うとのこと。

 

凸版印刷の始めようとしている分野は誠に斬新で、発展の希望も大いに望めると思われるが、これまで、我が国が他の追随を許さないことを標榜していた「金型制作」事業の大きな変貌が予想され、殆どが中小零細企業が担ってきた“日本のお家芸”の将来に暗雲が垂れこめ、発展の希望が薄らぐこが心配である。

|

« 「梅雨」は日本人のオブセッション? | トップページ | 小学校での英語教育反対論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/52043994

この記事へのトラックバック一覧です: 脅威の「3Dプリンター」と日本の産業の将来:

« 「梅雨」は日本人のオブセッション? | トップページ | 小学校での英語教育反対論 »