« 「ファスナー」について | トップページ | 「オステンド・マニフェスト」 »

世界最大の潜水艦「伊400」

Photo_2


Photo_3


12月2日付のfox-newsによると終戦直後、アメリカ軍に没収され調査された結果、目的をもってハワイ沖に沈められた当時、世界最大と言われた日本の潜水艦、「伊400型潜水艦」、それは戦後の原子力潜水艦が表れる以前ではまさしく世界で最大の潜水艦であった。

それがアメリカが分捕ってつぶさに調査後ハワイ沖にわざと鎮められたところまでは判っていたのだが、正確にその位置が判らなかったが、それが今回発見されたと云うニュース。

このニュースのコメントによると、伊400型は給油をしないでも世界を一周半回航できる性能を備えていた重要な戦利品で、ながく"to find list"(重要発見リスト)に挙っていたものらしい。

発見者で、潜水の専門家、テリー・カービー氏によると今度発見された潜水艦は戦争中作られた3隻のうちの一つで、歴史的にも非常に大切な発見だという。

これがハワイ沖に沈められた事実は判っていたが、実はそれが遥か遠くであったと思われていたが案外近くで見つかったことに驚いているとの事。

1946年、ソ連軍が連合軍に規約により、これのインスペクションを申し入れたが、アメリカ側は機密漏えい防止のため、その他4席の捕獲船舶とともにハワイに曳航して沈めたとのことである。

この潜水艦は去る8月に発見されたが、正式発表は12月3日(火)に行われ、今後、日本の関係者と共に調査されることとなっている。

日本版”グーグル”によると、伊400型には3機の特殊攻撃機「青嵐」を搭載し、潜水空母とも云われていた。

当初の目論見では、パナマ運河を攻撃する作戦も計画されていたが、これが完成したときには連合軍に本土周辺の制空権、制海権も失った状態で、結果的に活用される機会を失ったと言われている。

|

« 「ファスナー」について | トップページ | 「オステンド・マニフェスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/54153710

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最大の潜水艦「伊400」:

« 「ファスナー」について | トップページ | 「オステンド・マニフェスト」 »