« 中国の将来を憂慮 | トップページ | 新発見、(持念仏)金色涅槃像 »

アメリカ帰化法の変遷

Dscn0161_2


1800年以前のアメリカ

 

フランス革命(17871799)が勃発し農民下層階級の暴動でルイ王朝が崩壊、其の間多くの王統派や政府の要人らがアメリカに何を逃れた。

 

 

その後、ナポレオンが執政となりヨーロッパを半ば制覇し、多くの人々が大西洋を渡ってアメリカに移民として押し寄せたことで独立(1788年)したばかりのアメリカは急遽、帰化法を議会で成立させ必要としない移民の排除を考える必要が生じたと思われる。

 

 

1790326日、アメリカ最初の移民法(帰化法)"naturalization act of1790

 

の成立を見た。

 

その目的は移民の制限目的で、入国する人たちの「市民権」に或る制限を課することにあった。

 

その条件として、先ず, 善良な白人(white persons of good character)に限るとして、アメリカ先住民、年季奉公人(indentured servant)、奴隷、や自由黒人及び、アジア人をその範疇から除外している。

 

 

”良い性格の白人”とは如何にも曖昧な中世的文言であるが、アメリカが建国以来puritanで新教徒の国であるため、カトリック及びユダヤ教徒たちを良い人間、即ち good character personsでないことを遠回しに表現したのではとも思われる。

 

1790年の帰化法に於いては、移民申請をする以前に一年以上国内に居住した者に限ると規制を設けている。

 

 

 

この場合、市民権を取得した子供も自然に同じ権利が得られるとしている。

 

ところが、1795年には、最初の一年が、5年になり、1798年には14年に延長され、遂に1798年には廃止となり、1802年になり、Naturalization ofにとってかわられた。

 

アメリカの移民法はそれ以後において度々変更されているが、19世紀以後その主な変遷を辿ってみると。

 

 

citizenshipの定義が大きく変わったのは南北戦争後、第14条修正案により、先ず「アメリカ国内に生を受けた者」は其の市民権を得ることとなった。但し、国税を支払っていない先住民(インディアン)、及びアフリカ系黒人は除外された。アメリカ先住民については、1924年になり“Indian citizenship act 0f 1924”で市民権が与えられた。

 

 

 

1952年になり建て前として如何なる人種もアメリカのcitizenの資格取得を妨げないとなっているが、まだまだ一筋縄では解決できない問題があるようである。

 

 

Naturalization Actとは別に、19世紀の中頃、南北戦争終了後の1862年になり、大陸横断鉄道の完成で西部に移民を迎えるべく考えられた、土地を解放して人口の増加で鉄道収入の獲得と、白人人口の増加を狙って考え出されたhomestead Actがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 中国の将来を憂慮 | トップページ | 新発見、(持念仏)金色涅槃像 »

コメント

I like the helpful info you supply to your articles. I will bookmark your blog and take a look at once more here regularly. I am relatively certain I will be informed many new stuff right here! Best of luck for the next!
[url=http://www.tokyous.com]激安スニーカー専門店通販[/url]
激安スニーカー専門店通販

投稿: 激安スニーカー専門店通販 | 2014年2月21日 (金) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304622/54764831

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ帰化法の変遷:

« 中国の将来を憂慮 | トップページ | 新発見、(持念仏)金色涅槃像 »